日記・コラム・つぶやき

8歳6ヶ月

我が家では、まだ携帯ゲーム機を購入していないので、出かけた先での双子の時間のつぶし方は、もっぱら携帯電話の無料ゲーム、もしくは本。
驚くことに、2人とも、赤ちゃんの時から、車の中でも本が読めるのだ。
車中で下を向くと、ほぼ必ず酔っていた、私の子とはとても思えない。
(ちなみに、現在でも自分で運転していてすら、排気ガスが臭かったりすると酔う(--;)
てなワケで、少し遠出をするお出かけの時は、車の中で時間を潰す用に本を持って行く。
携帯電話の電池は、時間的に限界があるからだ。
 
今までは、主にお話の本--『ゾロリシリーズ』や学校の図書室で借りた本、最近は自分達用に買った漫画の本--『ギャグマンガ日和』や『ペンギンの問題』を持って出かけていたのだが。
先日、名古屋のTOYOTA産業技術館に出かける時に、マイナスに「車の中で読む漫画を何か貸して」と言われ。
うーんと考えて、『ぼのぼの』と『あたしンち』を出してあげた。
アニメで見たことがあるから、分かり易いだろうとの考え。
ら、案の定、大ハマリ。
特にマイナスが、家の中でもガンガン読んで、続きを出してくれと言う。
自分の本を子供が読むようになるとは、ちょっと感慨深い。
一度手に入れた本はあまり手放さない主義なので(結婚する時に少し処分したけど)、自分で買った本は(中学生くらいの頃からか)、ほとんど取ってある。
漫画だけでも1000冊はくだらない。
小説はままだ少し難しいだろうけど(内容が面白そうでも、文章や漢字が難しい)、漫画はちょっとずつ解禁してやろうかな。
少女漫画が多いので全部は読まないだろうけどね。
売りそびれた『ドラゴンボール』も発掘しなきゃだなぁ(^^;)

| | コメント (0)

浜名湖アート・クラフトフェア

23日は、まるは出勤日。
お彼岸だし、私の先祖のお墓参りをしようと3人で出かけた。
が、芳川の辺りで雨がかなり凄い勢いで降ってきて。
それと同時に、マイナスが珍しく腹痛を訴えたので(プラスは登校前によくなる)、諦めて帰ることにした。
帰宅後、なんとなくテレビを見ていたら、お笑い芸人のモエヤンのナビゲートで『浜名湖アート・クラフトフェア』なるものを紹介しており。
工作好きのプラスが喰いついたので、同じく工作好きのまるはも誘って、土曜日に家族で浜名湖ガーデンパークに行った。
思ったより大規模でビックリ。
端から順に見ていくことにする。
ら、マイナスが金属で作られたカブトムシに食いついた。
「これ欲しい」
だろうけど、とっても格好いいし、分かるけど\4500は無理。
しばらく行ったら、今度はプラスがガラス細工の金魚に食いついた。
金魚釣りが出来るらしい。
とりあえず、「全部回ってからにしよう」と説得し、そこを離れる。
喉が渇いた、と騒ぐので一旦休憩してジュースを飲み、そのままパークの中にある恒例の遊具へ。
しばらく遊んでようやくマイナスの機嫌が直った(--;)
最近ちょっとのことでへそ曲げすぎだよ。
アイスを食べてからフェア会場に戻り、続きを見る。
木を彫って作った本物そっくりの落花生や段ボール箱、フォルムの可愛い動物の木工品、歩く動物の木のおもちゃ、階段の上に細い金属の椅子が置いてあるオブジェ、リアルな魚の木彫り、ボルトで作った人間、ガラスの大皿、興味がある物ばっかりでなかなか進まない。
でも「アート」と銘打って「作家」さんが作ってるだけあって、お値段がお高め。
いいなと思う物は、やっぱり高い(--;)
今のウチの経済状況じゃ、見て楽しむだけだわ(^^;)
ちなみにまるはは、「みんな気難しそうに見えて、うかつに声をかけ辛かった」と言ってた。
確かに、作家然とした人もいたしね(^^;)
ようやく全部見て、「\500までね」と好きな物を選ばせた。
ら、プラスは始めに見た金魚釣り。
2匹目を釣り上げたところで、糸が切れてしまい、1匹しかゲットならず。
「緑のが欲しかったなぁ(2匹目に釣ったのが緑色)」先に緑を釣れば良かったじゃん(^^;)
マイナスは、ボルトで作った人のシリーズ、ボルト犬(BOLT-WAN)を買った。
ら、プラス「ボクも欲しい!」
いや君は金魚買ったじゃん、そうならないために最後まで見てから選びなって言ったんだけど。
遂には、泣いて欲しがってたよ(--;)
一瞬、金魚は私がもらって(ストラップにしてくれたので)と思ったのだが、「両方欲しい」と言うので却下。
今後の人生の糧にしたまへ。
いやー面白かった。
昼ご飯を食べるのを忘れるほどだった。
次回も行こうね(^^)

| | コメント (0)

『モノクロームの一時展』

8歳6ヶ月

浜松在住の画家、足立典正さんからお知らせを頂いたので、超久しぶりにアトリエへお邪魔しに。
『モノクロームの一時展』を観に行った。
もう5年ぶりくらいになるかなぁ。
当然双子は覚えておらず、2人とも場所見知り。
マイナスは車から出たモノの、アトリエに一緒に入らなかったので、とりあえずプラスと手をつないでご挨拶。
ら、奥様のまゆさんが「プラス君?」。
おお、ちゃんと顔と名前を一致して覚えて下さってたよ。
典正さんも「よく覚えてたねー」と驚いてた(^^;)
その後、マイナスも呼んで3人で絵画鑑賞。
おとなしく、興味を持って観てくれて安心した。
今回は題の通り、無彩色の絵の展示会だったのだが、いつも通り、典正さんのお人柄溢れる、柔らかな優しい絵だった(^^)
それ以後も、双子があまりに人見知るので、こっちが恐縮。
いつもに比べて、声の小さいこと(--;)
典正さんご夫婦は「男の子はそうだよー」と言って下さったけど。
冷茶と美味しいお水と、子供達はポテチまで頂いて、辞去することに。
最後に芳名帳を書いてと言われたので、マイナスと並んで書いたら(プラスは既に車中・呼んでも降りて来なかった)。
典正さんに「字が似てるねー」と言われる。
そうかしら、と思って見たら、仰るように名字の形が似てるよ(^^;)
顔だけじゃなくて、こんなとこも似るのねー。
私は両親のどっちにも字は似てないんだけど・・・(^^;)
超久しぶりにお伺いしたのに、以前と変わらない、穏やかな時間を過ごせました。
 
翌日、2人に「絵どうだった?」と聞いたところ。
「上手だった」「本物みたいだった」との感想。
「どの絵が好きだった?」と聞いたら、2人とも「うーん、特にない」。
やっぱり3年生にモノクロは渋かったかな(^^;)
でもまた機会があったらお邪魔しようね(^^)

| | コメント (0)

産業技術記念館 2

8歳6ヶ月

双子の希望で、再びTOYOTA産業技術記念館へ。
前回より早く家を出たのだが、3連休の中日だったからか、東名が渋滞(--;)
前回の経験をふまえ、名古屋高速は間違えずに走れたモノの、チケット前売りを買うためにコンビニを探すのに手間取り、14時ちょっと前に着(--;)
たった1時間しか早くないよorz
しかし今回は、双子の興味がガッツリ展示にあったので、前回とは違う体験が出来た。
織機のコーナーは。
今考えると、「布を織る」ということがよく分かってなかったようで、あまり食いつかず。
でも紡いだ綿や、巻き取られた糸巻きがコロンと出て来る所などは、興味深げに見ていた。
車のコーナーに向かう前に「金属加工の実演コーナー」があったので、入ってみる。
鋳造と切削は時間が決まっているとのことだったが、鍛造は随時見せてくれていた。
夫婦で一番面白がったのがここだったよ・笑
「3秒で1200℃になるように設定してあります」という鉄が、みるみる赤くなっていくのが驚愕だった。
が、ここで「つまらない」を連発していたマイナス、へそを曲げ。
車コーナーでもしばらく仏頂面だった。
ところが、プレス機のコーナーで簡単な工作体験が出来るようになっており。
なんとなく並んでいたら順番が来たので、まずは、プレス機のスイッチを両手で押し(安全の為)たら、円盤状の金属に模様が付いた。
次に、U字型の溝に自分で↑の向きを調節して置いて奥へ押し込み、スイッチボタンを押してドリルで穴を開ける。
最後にキーホルダーの金具をペンチで付けた。
プラスは、係の小父さんの手が、途中まで出るほどの不器用っぷりだったが、2人とも無事完成。
マイナスの機嫌も直った。
しばらく、工場のライン説明のコーナーを楽しんで見た後、工作のコーナーに出たので、迷わず参加。
まずはプルバック車を組み立てた。
さっきのキーホルダーと同じように、両手でプレス機のスイッチを押し、シャーシを作り、1つずつ順番に部品をかごに入れ、工作用のテーブルへ。
テーブルには、写真入りで分かり易く、作り方の説明が張り付けてあった。
父母の助けをほとんど借りず、2人とも難なく組み立て終了。
次は、射出成形機体験を兼ね、ストラップ作りに挑戦。
って、また両手でスイッチ押して、出てきた部品にヒモを付けるだけなんだけど(^^;)
今日、出てきたのは灰色の車だったので、マイナスが色に文句を言うかと思いきや「少しキラキラしてる」と嬉しそう。
2人で好きな色のヒモを付けて、工作体験終了。
技術開発のコーナーで、ABS体験や衝突実験、車内装etcを見て、テクノランドに入ったのは、閉館30分前だった。
人気があって待ち時間が長い展示は、もう受付を終了しており、今回は「樹氷を作ろう」と「エアジェットリレー」を体験した後、私と3人で「風に向かって立て」を体験。
始め一緒に並ぶのを嫌がっていたプラスが、まるはに説得されて一緒に体験コーナーに入り。
風速15mまでを体験したのが、かなり面白かったらしい。
「口が渇くー」「目が開けられないー」と嬉しそうだった。
そこを出たら、閉館5分前。
今日は堪能したねぇ。
と思ったら、プラス「また来たい!」。
ええー、もう全部見たじゃん。
ら、事前申し込み(インターネット)のワークショップに参加したいらしい。
まぁ、2回とも常設展示しか見てないし、ミュージアムショップもほとんど見てないから、また来てもいいけど。
でも次回は、もうちょっと時間が経ってからにしようね(^^;)

| | コメント (0)

防災訓練

派遣先の防災訓練だった。
16時に、地震を想定したサイレンが鳴った。
安全な場所(って机の下だけど)でしばらくじっとした後、アナウンスに従って、会社支給のヘルメットをかぶり外へ出る。
なんだかみんなダラダラしてるなぁ。
まぁ、私もシャキシャキ行動してたわけじゃないから人のことは言えないし、そのお陰もあってスムーズに外に出られるんだろうけど。
実際の災害時には、みんなで押し合いへし合いになって全然出られないんじゃないかなぁとイヂワルなことを考えてしまった。
外のグラウンドへ整列(?)し、点呼。
ちなみに私の所属は、大きな部の中のちっちゃなグループなので、長ーい行列の一番後ろ。
ハンドマイクの声が届かなくて(ホントに喋ってなかったのかも)、何も分からない状態でしばらく待った。
ら、前の方の人達が、右方向に動き始め。
行事予定にあった「非常食試食(全員)」というのが始まったらしい。
缶をパッカンパッカン開ける音がして、リッツの袋が配られた。
私の中では、リッツ=お菓子なんだけどなぁ(^^;)
でも遠慮なくもらう。
ふと隣を見たら、小さい缶を配ってた。
乾パンだったよ。
乾パンはあんまり得意じゃないんだよなぁ、と思ってたら、更に隣で缶入りパンを配っていた。
前々から興味があったので、1人1種類だけしかもらっちゃいけないのではないことを確認して(この辺が小心者)、缶入りパンもゲットしちゃった♪
更に更にその隣で、非常用水の試飲もしており、ペットボトルごとくれたよ(^^;)
でも、パンも水も「保存期間5年」とあったのに、賞味期限はどっちも来年だった。
入れ替えのために従業員に配ったのかな(^^;)
その後は、事前に希望を出していた人達で、梯子車による救助訓練。
たった10人なのに凄く時間がかかっていて、下で見てる人達から「本番はもっと早いんだよねぇ」「こんな時間かかってたら焼け死ぬんじゃない」等々好き勝手な意見が出てた(^^;)
やーっと訓練が終わって、そのまま解散かと思ったら、一応締めの挨拶があってようやく終了。
残暑が残る中、大変だった(^^;)
 
大人だから、小学生みたいに強要は出来ないんだろうけど。
正社員は、終業時間外の災害を想定して安否確認の訓練もあるらしいが、ちゃんと参加しない人もいるらしい。
一応、大きな企業なので毎年ちゃんとやるんだけど、ホントの災害時に役に立つ(というかみんなちゃんと動ける)のか、疑問な雰囲気。
自分の身は自分で守らなきゃってことなのかな。
自宅の準備もちゃんとしておかなきゃいけないなぁ。

| | コメント (0)

夢の島プロジェクト稽古?

夢の島プロジェクトの稽古だった。
夕食がちょっと遅めだったので、いつもよりちょっと遅い時間に浜北体育館会議室へ。
何故か、双子が「行く!」と言わず、助かった(^^;)
ドアをあけたら、なべちゃんとT兵ちゃんの姿が。
T屋さんは急な仕事、T代さんは家族との予定で来られないらしい。
人数が少ないと、やる気がなくなるのが悪い癖なんだけれども、やっぱりおしゃべりに花が咲き(^^;)
防災訓練の話に始まって、民主党代表選挙、ブログやツィッターにSNSとホームページの話、勿論「はままつ演劇・人形劇フェスティバル」含む芝居の話などなど、3人で延々喋っちゃったよ(^^;)
発声練習すらやりませんでしたm(__)m
清算時に聞いたら、9月唯一の稽古日だったようで。
まぁ、たまには親睦を深める(?)ということで、こんな日もいいよね(こじつけ)。
次回は真面目にやります(宣言)。
日付は保留になったけど、ぼちぼち、チラシの絵も決めようかな。

| | コメント (0)

じんましん・続き

8歳6ヶ月

マイナスのじんましんは。
前回記事にした時に、14日分の飲み薬をもらい、飲みきるよう指示を受けた。
が、飲みきっても、発疹の出る範囲や頻度が減ったものの完治せず。
ので、もう1回受診したら、「じゃ、もうちょっと長期で飲んでみましょう」と、同じ薬を28日分処方された。
しばらくしたら、発疹が出なくなり、薬を飲むのも忘れるほどになったのだが。
最近になってぶり返し、お風呂上がりにお尻や足に出るようになり、朝起きたときに腕にも出るようになり。
しばらくしたら消えるので、アレルギーとかでは無いと思うんだけどね。
2日間くらい、なんだか顔が赤いなぁ、北部水泳場にも行ったし、日に焼けたかな、などと思っていたら。
遂に金曜日の朝、背中一面にひっかきキズのみみず腫れのように縦横無尽に腫れが出て、お尻にも発疹、ガーゼに包んだ保冷剤で冷やしているウチに、腕や手の甲にも出た。
本人はげんなりして「学校休む」と言い出し。
でもなぁ、1時間くらいできっと退いちゃうしなぁ。
飲み薬を処方されても、多分、劇的には効かないだろうしなぁ。
と、「どうしても痒かったら先生に言って母ちゃんを呼んでもらいな」と言い含め、鬼母は学校に行かせたのでした。
自分が仕事してると、子供にもこういう無理をさせちゃうんだよねぇ(--;)
結局、学校では午後にちょっと出ただけで、収まっていたらしい。
翌日土曜日に、かかりつけの皮膚科へ行った。
今日も「2時間くらい待ちますけど」と言われ。
待合室に置かれている本を読みながら待ったのだが、普段漫画雑誌(コロコロコミック)なんて読まないので、TVの音くらいしかしない待合室に、多少遠慮したマイナスの笑い声が響いておりました(^^;)
結局1時間20分ほどで診察室に呼ばれ。
「前回の薬で1回収まったんですが、ここ1週間くらい、また出まして」と説明したところ、薬を飲んでいるのに出る、というのがよろしくないようで。
そうなんだ、1回出なくなったから、別の原因(夏バテとか)だと思ってたけど、先生の口振りだと原因はあまり関係ないみたい。
「うーん、まだ出るかぁ。慢性になっちゃうかなぁ」とちょっと困った顔に。
「薬飲んだら眠くなった?」と聞かれたが、マイナス答えず。
「あまり眠そうには見えませんでしたけど」と私が答えたけど、そのくらい答えられるでしょう(^^;)
ホント、病院だと無口だなぁ。
結局、夜の分を、眠くなる副作用のあるちょっと強い薬に変えてくれた。
朝は今までと同じ。
ホントは夜は「就寝前」とあったのだが、マイナスが夕食後「飲む!」と言うので、飲ませた。
ら、お風呂上がりにも、翌日起きた時にも、発疹が出なかった。万歳!
こんなに劇的に効くとは思わなかったなぁ。
金曜日に連れてってあげれば良かったかな。
このまま、季節が変わって(暑い時・夏の方が出やすいそうです)、薬を飲み終わっても再発しないといいねぇ(^^)

| | コメント (0)

産業技術記念館

8歳6ヶ月

↓のスズキ歴史観の記事を書くため、トヨタテクノミュージアム産業技術記念館のサイトを開いてたら、まるはが食いついた。
もっと早くから計画しようよ、と言ったのだが「高速も安いから」と、急遽行くことになった。
午前中に、双子が上靴を洗ったり、道中コンビニでチケットの前売り(2割引になるのです)を探したり、案の定名古屋高速で迷ったり(首都高もそうだけど、遠い目的地を書かれると分からなくなる)してたら、なんと3時ちょっと前に到着。
ちなみに閉館は5時(--;)
必然的に、駆け足で見ることになってしまった。
織機のコーナーに、思ったより双子が食いつき。
確かに前回来た時は、もっと堅いカンジで変化に乏しいようなイメージ(失礼)だったのだが、説明する係の方も多く、何より見学者が多くてちょっとビックリした。
真面目に見たらきっと面白いだろうなと思ったのだが、時間が無いので無理矢理スルー。
もっと興味があるであろう自動車コーナーへ。
こちらも前回は無かった展示が増えていて、ビッカーズだのロックウェルだの、仕事で聞き覚えのある単語が並んでて、まるはとウケる。
そのうち、イベントのアナウンスが流れ。
蒸気機関とパートナーロボットのトランペットの演奏を見た(聴いた)。
パートナーロボットは、人工肺と人工唇で吹いているとのことだが、音色がキレイでビックリした。
そのまま、双子待望のテクノランドへ。
繊維機械や自動車に関連を持たせた体験型の展示ということで、回したり止めたり撃ったり運んだり乗ったりを楽しんだ。
双子が食いついたのは、床に映し出されたコースを走るテクノサーキットと、空気でボールを運ぶエアジェットリレー。
ここも昔は無かったよなぁ。
楽しくて良かったね(^^)
が、自動車の展示に戻ったのは、閉館15分前。
昔の工場の再現や、歴代の自動車やカーステレオ・メーターなどの展示、等々、文字通り駆け足で通り過ぎた。
まるはやプラスは、それでも興味のある物の前で立ち止まるのだが、マイナスは「蛍の光」が流れ出したらアワアワに(^^;)
マイナスに急かされて展示を後にした。
プラスは記念スタンプを押したりもしたのだが、ミュージアムショップを見る暇もないほどで・・・(^^;)
今度はゆっくり来ようね。
と言ってたら、2人も面白かったらしく「明日また来たい!」。
いやそれは無理だから。
「じゃあ、来週!」。
それもどうかなぁ、でも早いウチにまた来ようね(^^)

| | コメント (0)

泳ぎ納め

8歳6ヶ月

北部水泳場へ行った。
ホントは夏休みの最終週に連れて行けとせがまれていたのだが、それどころではなかったので却下。
2学期が始まった最初の週末に行くことにした。
ら、なんと屋外プールの開放は今年最後(土曜日に行ったので正しくはラスト2日目だけどね)。
9月いっぱい、週末はやってると思ってたから、確認して良かった。
実はまるが水曜日から発熱し、木・金と代休を取って家で寝ていた程だったので、今回も3人で行った。
前日、まるはに穴をふさいでもらった浮き輪を用意し、やはりお昼近くにプールに到着。
天気は良かったのだが、9月に入ってたからか、みんな知らないからなのか、夏休み中に比べて人が少なかった。
が、車中でプラスが「シューって音がする」と言ったとおり、またしてもマイナスの浮き輪がしぼみ始め・・・。
朝になっても空気の抜ける音がしたので、接着剤はもう間に合わないと、ビニールテープを貼ってきたのに、まだ穴があったってことだよねぇ。
ホームセンターで買った浮き輪って良くないのかなぁ(--;)
それが理由ばかりではないと思うが、今回は競泳用プール(といっても自由に遊べるスペース・コースロープで区切ってある)やウォータースライダー、ジャグジーなど屋内施設を、屋外プールと同じくらいの比率で楽しんだ。
私も2回ほどウォータースライダーを滑ってみた。
スピードの調節の仕方が壁に書いてあったのだが、重いからなのか私がビビリだからなのか、なかなかスピードが緩まらなかった気がする(^^;)
子供達は、空いてたのもあって、4・5回滑った。
屋内プールでは浮き輪禁止&深いので、双子が真剣に泳ぐ様子が見られ。
一応息継ぎも出来るし、とりあえず2人とも(プラスは1回だけと言ってたけど)12.5m泳げるらしいので、私が何か教える必要もなさそうだった。
2時前に、渋る2人を促して、ようやくプールから上がった。
楽しかったね(^^)
来年はもっと(回数も距離も)泳げるといいねぇ♪

| | コメント (0)

夢の島プロジェクト稽古

そして、子供の夏休みの最後も、締めくくりは芝居の稽古。
「行きたい!」という2人を「お風呂入んなきゃいけないから」と振り切って出かけた。
実はこの日、以前からっかぜさんの公演でお会いして、スタッフにスカウトしたT代さんが来ると電話があったのだ。
ので、諸々都合もついたのもあって、いつもよりちょっとだけ早めに稽古場に着くことが出来た。
ら、ちょうどT代さんとロビー(って言うの?)で一緒になり。
一緒に、みんなが稽古してる会議室へ入った。
今日の参加は、なべちゃん、T兵ちゃん、T屋さんと、T代さん、私の5人。
発声練習の後、久々に基礎練。
表情とストップモーション、それから後ろ向きに並んだメンバーの背中に、1人が「この人」と決めて声をかけ、かけられたと思った人が手を挙げるということをやった。
自分にかけられてるか判断が難しかった。
けど、思ったよりみんな当たってたよ。
言葉自体は「こんにちは」とか「暑いですね」とか平凡な台詞だったんだけどね。
ちなみに、T代さんの訓練された舞台発声がカッコよくて、1人でニヤニヤしてたのは秘密・笑
その後は、冒頭から持ち立ち稽古。
T代さんは見学だったんだけど、ニコニコしながら見ててくれた。
少しは面白いと思ってもらえたのかなぁ。
今回は、なべちゃんの演出で、台詞を言ったときの気持ちを掘り下げたり、みんなで部長像を作ったり、面白くて有意義な稽古になった。
稽古後は、翌日新学期の双子のため、珍しく雑談無しで帰宅。
顔見て、準備の確認もしてから就寝できて良かった。
長い夏休みでした。

| | コメント (0)