アニメ・コミック

映画銀魂「万事屋よ永遠なれ」 7/14

11歳4ヶ月

「映画銀魂『万事屋よ永遠なれ』」を、家族4人で観に行った。
スカパーでアニメを観てからハマり、ぽつぽつと漫画も買って読み、遂に映画を観るに至った。
この漫画は、キャラクターもさることながら、話が面白い。
江戸時代と現代とSFが、バランスよく融合されていて、ギャグも面白いし、シリアスな話も骨格がしっかりしていて楽しめる。
いつも、作者の空知さんの知識の広さに驚かされているのだ。
特に、私の年齢が楽しめるギャグが満載なのが凄い。
年齢詐称してるんじゃないのか、と思うことがしばしばで、実際私の実姉は、40代の方だと思ってたらしい(^^;)
今回の映画は、原作者本人がネームを書いたとのことで、バリバリのSF。
昔ながらの、SFをちゃんと読んでないと、こういう話は書けないなぁ、という内容だった。
タイムパラドックスとか知らない人は、1回観ただけじゃ、話がイマイチ理解できないだろう、きっと(^^;)
とはいえ、いつものギャグもいっぱいで、SFが分からなくても楽しめること間違いない。
これで(多分原作が足りないからだろうけど)、アニメがとりあえず終わりとは寂しいなぁ。
早い復活を望む、双子と私でした♪
あー、楽しかった。

|