« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月

私立高校受験

双子14歳

ついに双子、高校受験。
併願の私立高校の試験だった。
私は仕事の都合で送迎出来なかったが、まるはが送ってくれることに。
帰りのバスを教えていたら、まるはが仕事を休めるというので、迎えもしてくれることになった。
朝、渋滞で遅れても困るので、かなり早い時間に家を出て行った。
ら、まるはが集合時間前に帰ってきてビックリ。
30分以上前に学校に着いた上、学校ではゆっくり停車出来なかったとのこと。
まぁ、余裕を持って送れて良かったんじゃないかな。
ちなみに、仲良しの友達は2人より先に来ていて、「35分前行動」と言ってたらしい(笑)
帰りは時間に余裕があったらしく、「待ってる」と言ってあった駐車場から、学校まで迎えに行ったらしい。
LINEで、双子が昇降口から出てくる写真を送ってくれた(^^;)
帰った双子に「出来は?」と聞いたところ、2人とも「まぁまぁ」とのこと。
一応併願だし、大丈夫だろうな。
 

そして発表。
合格通知を中学校経由でもらってきた。
分けられた直後に、開封して確認するよう言われたらしく、高校の名前の印刷された封筒は開封済みだった。
良かったね。
とりあえずこれで一安心。
次は公立の受験を頑張ってくれたまへ。

|

ファイナルイベント

土曜日、9時から練習。
私は雇入前検診の結果を受け取りに、内科に寄ってから向かった。
遅れてクリエートのアトリエへ着いたら、衣装合わせをしていた。
私も自分用の衣装を持っていったので、見て頂くことに。
ら、カーディガンを秋菜役に貸すことになり、ジャケットとパンツを千夏役から借りることになった。
その後は、脚本を離して立ち稽古するも、グダグダだったので、持ち立ち稽古に変更。
それにしても、千夏役のきゅんさんが、しっかり台詞が入っていて驚いた。
当日、午前中の練習は、土曜日の出来具合でという話になっていたのだが、結局、9時からになった。

 
翌イベント当日、12時から順番に、実際の会場である「ふれあい広場」でゲネをする予定で、私たちのグループが最初とのこと。
というわけで、ゲネまでの間、私たちがふれあい広場で練習させて頂けることになった。
演出が忘れ物をしたと言うので、取りに行っている間、役者は基礎練習。
やっぱり絡繰のお2人は声が出てるなぁ。
その後は、頭から、脚本を離して立ち稽古を始めた。
ところが、朝8時頃に演出に「電車を乗り間違えた」と連絡のあった秋菜がなかなか来ない。
サスガに10時を過ぎて心配になった演出が連絡したら、もうすぐ着くという返事で安心した。
遠方から来る中学生、大変でした。
12時を過ぎて、ゲネの時間になったが、特に稽古が変わるわけでもなく。
時間まで稽古をして、次のグループに譲った。
昼食は、みんな揃って近くのコンビニで調達。
雨が降ってたのでちょっと大変だったけど、クリエートのロビーで仲良く一緒に食べました(^^)
衣装に着替え、きゅんさんが秋菜役中学生の化粧をしてあげて、いよいよファイナルイベント開始。
ちなみに、実父が写真の関連(毎年このイベントの写真撮影を担当しているグループに所属しているので展示を手伝いに来るのだ)で来ており、珍しく芝居も観ていくと言ってた。
いつものように、作品、役者、高校、劇評ワークショップ参加者に賞が授与された。
私たち、脚本&演技ワークショップの成果発表は4チーム。
前半2チーム、後半2チームが発表し、私たちは最後だった。
そのおかげ(?)で、直前に上演した3つ目のチームのは、ほとんど観られなかったよ。残念。
本番は、結構緊張したけど、1つ台詞を飛ばした以外は、ほぼ稽古どおりに演じることができた。良かった(^^)
全てのプログラムが終わった後、親睦会。
「知り合いがいないので」という秋菜ちゃんと、冬彦君と、ジュースで乾杯した(^^)
今回、今まで客席から観るだけというか、こちらが一方的に知っているだけだった、浜松の芝居関係者と話す機会が持てて、とても有意義だった。
特に演出のT口さんが、私の芝居を気に入ってくださったようで、褒めてくれたのは勿論、プロデュースをしているO粥さんに紹介してくださったりして、とても嬉しかった。
まだ平日に動くのはちょっと難しいと思うが、少しずつ役者としての活動ができたらいいなぁ。
ちなみに、ゆーさんとT橋君とも会ってお話できました。

あー、楽しかった(^^)

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »