« グループミーティング | トップページ | 防災訓練 »

静大祭

12歳8ヶ月

親子4人で、静大祭へ行った。
以前、何回か続けて行っていたのだが、最近はご無沙汰していた。
何年ぶりかな。
学校でチラシをもらってきて、プラスが行きたいと言ったのだが、雨でテンションがダダ下がり。
元々、「行かない」と言ってたマイナスの不満顔はハンパ無かった。
行ったら楽しめばいいのにねぇ~(--;)
今回はパンフレットを1つしかもらわず、まるはの好みで回った。
双子は、人見知りなのか反抗期なのか、積極的に参加せず。
まず、親2人が幻視を体験。
認知症の研究をしているグループとのことで、認知症にみられる症状を体験できるとのこと。
PCに繋がっている(?)めがねをかけて、テーブルを見たら、コップが単なる円筒に見えたり(コップという認識ができなくなりゴミ箱と思う方がいるとのこと)、お煎餅のごまが蟻に見えたり、ぬいぐるみが消えたりした。
「実際にそう見えてるかは個人差があるのでわからない」と言ってたけど、へー、こう見えるかもしれないんだ。
その後は、マイナスがゲームに挑戦。
ゲーム自体は珍しくない物だったのだが、学生が用意したアクセサリーから選んだものをキャラクターに装着できるようになっていた。
ゲーム自体も作ったんだろうな。
Easyを選択したのであっさりクリアしてたよ。
今年は、以前、挑戦したブロック崩しが不調でお休み中で、プラスは何にも挑戦しないまま、あちこちを彷徨った(^^;)
それにしても、アイボもプラズマボールも一輪車ロボットにも興味を示さず、ゲームしてるなんて、なんてつまんないヤツらだ(-_-メ)
毎回、展示(?)している、浮力実験やジャイロ、飛行機部、ホバークラフトの脇を抜け、「帰りたい」という双子にまるはが「じゃあ、これで最後」と、ノイズ映像実験を体験した。
PCで写真を撮り(これをようやくプラスが体験)、印刷してもらった紙は、ドットだけに見えたのだが、特殊なセロファンを重ねていろいろズラして調節すると、撮った写真が浮かび上がってくる。
コピー禁止文書等に使われる技術だそうだ。
そして最後の最後に、まるはが反応タイムの体験をして、会場を後にした。
スポーツにあんまり興味なくて、パソコン部と科学部なんだから、もう少し自分から楽しんで欲しかったなぁ。
また行こうね。

|

« グループミーティング | トップページ | 防災訓練 »

双子12歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事