« 防災訓練 | トップページ | 訃報 »

国際交流ダンスフェスティバルin浜松

英会話の友人E子さんが出演するので、Kっこちゃんを誘って、『国際交流ダンスフェスティバルin浜松』観に行った。
14:40頃、Kっこちゃんのお家近くへ車で迎えに行き、まずはお茶。
去年と同じ、ロロカフェに行った。
そこで、ゆっくりじっくり(笑)おしゃべり(^^)
去年会った時は、原発の影響なんかも話したんだけど、今回はもっと身近な話が多かったかな。
結婚式に着る服の話から、自分たちの若い頃の話、共通のダンス関係者の話、共演した公演の話、昔の浜松ダンス界の話、子供の話、等々。
あっという間に時間は過ぎて、18時開場だったので、早いかなと言いつつ、17時頃お店を後にした。
アクトの地下に車を停めたのだが、それほど混んでおらず、ホールへの出口近くに停められたので、「早かったかな」と思ったら、中ホール入り口には列が出来てた。
去年の荒川先生の公演ははまホールで、屋外で入場を待ったので、それに比べたら暖かくていいねー、等とKっこちゃんと時間を過ごしたのだが。
あまりに待つ人が多く、通行する人の邪魔だからだと思うが、列を曲げたり切ったりされ、切ったところに新しく人が付いてしまうという事態が頻繁に起こり。
係りの方が少ないのか、全然ケアしてくれなかったので、Kっこちゃんが、「最後尾はあそこですよ」と何度も言いに行ってくれたよ。
18時開場の予定がやはり5分程度早まり、中央よりちょっと下手寄りに席を確保できた(^^)

1部はポーリッシュダンスシアター、浜松シティバレエ、JAZZ ARAKAWA DANCIN、モダンバレエ松田が、順番にそれぞれ15分くらいずつかな、踊った。
2部は、日本の3チーム(浜松シティバレエ・JAZZ ARAKAWA DANCIN・モダンバレエ松田)が合同で踊り、ポーリッシュダンスシアターは、モダンバレエ松田の先生が振り付けたダンスを踊った。
パンフレットの、ポーリッシュダンスシアターの頁に、『竹馬パフォーマー』という方がいたので、「なんじゃそりゃ」と思ったら、大道芸等でよく見る、足につける竹馬を履いた男性だったのだが。
頭の高さは3m以上あったんじゃないかな。
その状態で、ダンスっぽく曲に合わせて動くのは勿論、女性をリフトしたりして、純粋に驚いたよ。
ポーランドのダンサーは、まず大柄で力強くて、そんなに難しい振り付けに見えなかったけど(そこが逆に技術なのかな?)美しかった。
浜松シティバレエは相変わらず美しく、クラシックバレエの基本に、忠実に見えた。
成人の女性はいなかったのではと思うのだが、昔より背の高い子が増えたように思う。
JAZZ ARAKAWA DANCINは、やっぱり格好良かった。
デュークエリントンの曲やミッションインポッシブルのテーマ曲など、私の知ってる曲を使っていたのも嬉しかった(^^)
やっぱり、踊れる人がこれだけ大勢いるのは強みだよなぁ。
衣装が黒かったのが、ちょっと惜しかったかな。
人数が多いから、重なると見えにくくなっちゃうんだよね。
モダンバレエ松田は、磐田のバリバリモダンバレエのチームと違い、演技っぽい振りが多かったように思う。
とても興味深かった。
2部では、季節をテーマに3チームが順に踊った後、同じ振りを一緒に踊ったのが、個人的にはとても楽しかった。
同じ振りなのに、ダンスのジャンルによってこんなに違うんだなぁ。
とても希少なものを見せて頂きました(^^)

帰りは、Kっこちゃんと一緒にスーパーに寄ってから(笑)お別れ。
「ダンスやろうよ」と誘われた。
うー、やりたい~!

|

« 防災訓練 | トップページ | 訃報 »

ダンス」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事