« 『絵本原画の世界2013』 10/20 | トップページ | 中川安奈さん »

古希のお祝い 10/20

11歳7ヶ月

静岡から戻り、実家へ。
今日は、両親の古希のお祝いの宴会なのだ。
まるはと私は、元々、自治会の体育大会でスタッフとして働く予定だったので、予定通り、夕方に実家に行った。
私たちが着いてすぐ、上の実妹Kが、自宅に忘れ物をしたと、家に帰り。
夕食の支度の合間に、色紙に貼るシールに、交代で(サプライズだったので隠れて書いた)贈る言葉を書いた。
上の妹Kが戻り、夕食が始まった。
メニューはすき焼き。
デザートは、実母が昔よく作ってくれたヨーグルトケーキだった。
食事の後、孫達が花とプレゼントと色紙を渡し、みんなで集合写真を撮った。
プレゼントは、夫婦茶碗と夫婦湯のみ。
花束も、下の妹の旦那ちゃんのつてで、値段の割に大きなものを贈ることができた。
両親とも喜んでくれて良かった(^^)
が、少し気になることがあり、洗い物をしてとっとと帰った。

 
 
 
 

 

ここからは上の妹の愚痴です。
不愉快になりそうな方は、スルーで。

両親へのプレゼントは、花束、箱が3つ、色紙と、合計5つの包みだったのだが。
上の妹Kの長女が花束を渡し、箱を長男次男が1つずつ、ウチの双子が2人で1つ渡して、下の妹Hの長女が色紙を渡した(長男はまだ歩けないので不参加)。
・・・これを不愉快に思うのは私の器が小さいのか?
でも、自分の子供に3つ渡させるってどうよ、と思ってしまうのだ。
今回に限らず、年の順もあるが、いつも自分の子供が先、ウチの双子が次。
ひどい時には、小さいからという理由で自分の子供の次に下の妹の子、そして最後が双子という順番になる。
ちなみに、プレゼントは平日に買い出しに行ったので、私は何を送るのか文章でしか知らされず、色紙への言葉もシールに書いて渡しただけなので、親に渡した状態=完成形は見ていない。
一応、名を連ねるのだから、もう少し気遣いがあってもと思うのは私の我が儘なのか?
その後、食事中に雑談している時にも、何でも自分の子供の話に置き換えて話題を奪っていき、最終的には子供の自慢、もしくは勝っているという結論になる。
「朝、体育大会の準備で外に出た時、寒かった」という話をしたら、「日中、雨の中、サッカーの試合をしていた自分の息子の方が寒かった」と言う。
朝6時にウチの町内にいたワケでもなく、雨の中サッカーをしてもいない癖に、なぜ、どっちがどうと言えるのかが理解不能。
最後には、「息子に箸の持ち方を教えた覚えが無いのに、ちゃんと使ってる。でも持ち方は間違ってる」と、当たり前のことを自慢げに話しているのにゲンナリしてしまった。
まぁ、自分の子供を、そんなに手放しで自慢できるというのは、ある意味幸せだなぁと思うけどね。
片づけを終え、そろそろ帰ろうかという頃に、双子から両親への修学旅行のおみやげ、鳩サブレーを見つけ、自分が好物だという話を蕩々とした後、食べたいと言う。
両親にあげたものだから両親に聞けといったら(枚数が少ないので全員分は無い)、自分だけ食べていて呆れた。

後日、姉に聞いた話によると、私が個人的に感じたことより、もっと目に余る状態らしい。
 
私は4人姉妹の次女なのだが、家は上から3番目=上の妹Kが継いだ。
ということは、実家での行事や、イベントは、妹Kがメインでするべきだし、彼女は嫁に行った姉妹をもてなす側になると思うのだが。
姉が両親の古希のお祝いをするのか聞いたら、「するつもりはない」と答えたという。
理由が、「子供の頃に、親に誕生プレゼントとかもらったことが無いから」というもの。
確かにプレゼントは、1度か2度しかもらった記憶が無いけど、ケーキはちゃんと食べたし(12月は私と妹とクリスマスの3回ちゃんと食べさせてくれた)、何より、親に何かしてもらったからしてあげるというものでは無いのでは?と思う。
「姉がするなら協力する」ということになったらしい。
プレゼントの買い出しは平日に行ってくれたのだが、両親には内緒だったので、姉が母に百貨店に連れて行ってもらい、別行動で選ぼうと思ったらしい。
が、ちょうど下の妹が用事があり、同行することになり。
2人が上の妹にその話をしたところ、「何で私を誘わない?」と怒り、速攻で合流したらしい。
のに、私へは、選んだ品物の写メを送ることすらしない。
当日は、自分から「早めに行って手伝おうか?」と申し出たにも関わらず、夕方着いた私の直前に実家へ到着したとのこと。
ので、花束は下の妹が取りに行き、食事の用意は母と姉がしたらしい。
↑の通り、私が到着してすぐに忘れ物を取りに行ったので、手伝いはほとんどしていないということになる。
これには、「早く来て」と頼んだのではなく、自分から「行こうか?」と言ったのにひどすぎると、姉が怒っていた。
片づけも、主婦湿疹で手荒れがひどい状態なので、私がほぼ全部洗い、姉と下の妹が少し手伝ってくれた。
が、自分以外の人が洗うのが当然だと思っているのか、「ごめんね」や「ありがとう」の一言もない。
もてなす側だという自覚は皆無のようだ。
というか、実家へ食べさせてもらいに行って、何か手伝おうと思えば、自宅でしているのと同じように、キッチン手袋等、持参すると思うのだが。

 

という話を、怒りのまま姉にぶつけたら、姉も、下の妹も呆れていたらしい。
家を継いだというのに、正月の挨拶回りに両親に付いていくこともしてないらしいし。
とはいえ、私たちが言うことでもないので放置、で決着が付いたけどね。
さて、将来、親が弱ったら、彼女はどうするんでしょうか。
ちなみに↑の鳩サブレーの話をしたら、姉も妹も「Kは昔からそうじゃん」と悟ってたよ(^^;)

|

« 『絵本原画の世界2013』 10/20 | トップページ | 中川安奈さん »

双子11歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事