« 再会 | トップページ | 修学旅行 10/2・3・4 »

究極

私は何故か、知らない人にモノを訪ねられることが多い。
子供の頃から、「○○に行くには~?」と道を尋ねられたことが何度もあった。
が、私の実家は住宅地で、目立つ目印が無くて説明しづらいので、場所が分かっても説明できない。
自宅近くでない場所で聞かれると、基本的に方向音痴なので、「あっちの方」と指し示すのも難しい。
それなのに、名古屋の地下街でも声をかけられ、「地元じゃないので分かりません」と答えたり、スーパーで、会社帰りに制服(というか作業服)を着ていたのに(勿論、お店の制服とは全然似ていない)、「トイレットペーパーはどこにありますか?」と聞かれたり。
極めつけは、アメリカはニューヨークで、実妹と観光していたら、老夫婦に道を尋ねられた。
いや、明らかに私たち、バリバリの「日本から来た観光客」だよね?
てか、場所も分からないし、何より英語で道を説明できるほど英語力は無い。
まぁ、訪ねてきた方達も、田舎から出てきたっぽかったけど、それにしてもどんだけだよ、と思ったよ。

と、ここまでが前フリ。

今日、夕食を作っていたら、玄関のチャイムが鳴った。
インターホンに出たら、「新聞屋です」と言う。
勧誘かなぁ、いらないのになぁ、と思ったら、「突然で申し訳ないのですが、家を教えて頂きたいのですが」
えええ?何それ。
ドアを開けたら「23番地はどの辺ですか?」
・・・番地で聞かれても分からないよ(--;)
仕方無いので、ネットで調べて「あの外灯の道をこっちへ曲がってあの辺りです」と教えてあげた。
てか、お客さんの家に行くなら、地図かスマホかなんか持ってくればいいのに(--;)
しかし、チャイム鳴らされて道を尋ねられるって、あるイミ、究極。
ビックリしたよ。

|

« 再会 | トップページ | 修学旅行 10/2・3・4 »

私日記」カテゴリの記事