« タブレット純 5/12 | トップページ | 旗振り当番 5/20 »

四十九日 5/19

義母の四十九日だった。

我が家には菩提寺が無く、お葬式でも、式場で紹介して頂いたお寺さんでお経をあげて頂いた程なので、四十九日も、切羽詰まるまでなかなか決まらず。
いろいろ考えた(まるはがだけど)末、お葬式でお世話になったお寺でやって頂くことを決めたのは、5月に入ってから。
お寺とウチの都合&四十九日の慣例から、なんと、ご相談に行った翌週にやることになってしまった。
もともと質素にやろうとは思っていたが、そんなワケで、地元の親戚だけで行うことにし、引出物・香典は無しにした。

というワケで、午後3時開始のため、2時40分頃、お寺に到着。
ら、前の順番の方が終わっておらず、我が家の4人だけ、ご自宅奥の応接室に通された。
(待つ場所に困った私の家族から連絡があったりしたけど、初めて法要をしてもらうので、他の人達も上がっていいのかも分からず(かなり奥の部屋で、お寺の方もいなくなってしまったので)、ちょっと困った)
3時になり、外で待っていた親戚達とお寺の中へ。
お通夜の時に来て下さった、義母と同い年という和尚さんが、執り行ってくださった。
参加したのは、義姉、義姉の上の息子君、義妹家族(4人)、私の実母、実妹2人+実妹2の子供x2(幼児と乳児)、我が家4人。
30分ほどお経をあげて下さり、その後、順番にお焼香をした。
この頃から、双子が飽きてきて、小競り合いが始まり・・・。
こういう儀式の時くらい、おとなしくしていて欲しいよ(--;)
法要が一通り終わった後で、和尚さんの法話(っていうのかな)。
和尚さんの子供の頃の話-お寺の子ではなかったのが、何故仏門に入ったかというお話をして下さった。
ちなみに、この日に義母に戒名を頂いた。(どう供養するか、お葬式の時点では決まっていなかったので)
一応、80歳を越えたからということで、『寿』、お釈迦様のお誕生日(花祭りの日)に亡くなったからと『華』を入れて下さり、とても美しい戒名を付けて頂いた。
法話も、微笑ましく頷けるお話だったので、なんだか、このお寺を選んで良かったという気持ちになったよ(^^)

その後は、一応会食。
だったのだが、食事時間から外れるのもあって、始めから「都合がつかなければいいですよ」と言ってあったため、参加は義姉と義姉息子君の2人。
我が家の4人と、合わせて6人で、蜆塚のサンマルクで食事をした。
特に、義母の話をしたわけではないけど、楽しくお食事が出来て良かった(^^)
はぁ、これも無事終わって肩の荷が下りました。

ちなみに。
義妹家族が食事に参加しなかったのは、お葬式のことで、モメていたから。
義姉、義妹の提案で、無理をして斎場でのお葬式をしたのに、まるはの手際が悪かったといろいろあげつらい、「自分はいろいろ我慢した」と言い出したのだ。
私の感覚からすると、彼女はお客さんではなく、故人の子供なのだから、そういった融通や裏方的な仕事をするのは当たり前だと思うのだが、「お兄さんには感謝がない」と言う。
へそを曲げるのは勝手だけど、食事に参加するしないの返事を当日までしないって、大人としてどうよ。
まるはからのメールもラインも、電話も無視。
義姉に聞いてもらって、ようやく食事に不参加が判明したのだ。
喪主が特に大変とは思っておらず、逆に裏方に回った自分の方が負担が大きかった、自分は人に迷惑を掛けるような不手際はしてない、と思っているようなので、何を言っても無駄な様子。
昔から、「お兄ちゃん」は何でも言うこと聞いてくれると思ってるフシがあったモンなぁ・・・。
あー、メンド臭い・・・。

|

« タブレット純 5/12 | トップページ | 旗振り当番 5/20 »

私日記」カテゴリの記事