« 自主勉 ムニエル 12/17 | トップページ | お楽しみ会12/20 »

三者面談12/18

10歳9ヶ月

恒例の、長期休暇前の三者面談だった。
我が家は、恒例で四者面談だったけど(^^;)
会社を午後半休し、一度帰宅した双子と一緒に学校へ。
先にプラス。
まずは、「冬休みの生活」というプリントを下さり、休みの間の生活のお話。
その後、本人アンケートを元に、心の状態(?)を診断してくれてある用紙を下さる。
おおむね、心配は無いらしい。
そして、先日の定着度調査(国算のテスト)を含む何枚かのテストを返された。
算数は、本人も好きなようで、よく答えられているとお墨付きをもらう。
国語は、「漢字が苦手ですね~」、と言われたが、文章問題でまちがっているところについても「内容はちゃんと理解してます」とフォローして頂いた。
発表も算数ではするし、説明も分かり易いとのこと。
道徳の「全員発表しましょう」プロジェクトでも、頑張って発表しているらしい。
国語の、文章で答える問題がやはり弱く、勉強に限らず「どうする?」等、決めることでフリーズすることがあるようだ。
先日、面談したのもあって、よく見ていて下さるなぁと感じた(^^)
給食や支度なども時間内に出来ているし、親が心配するほど、学校で大変では無いらしい。
引き続き、学校へのモチベーションが上がる工夫をして頂くということで、面談が終了した。

次はマイナス。
同じように、冬の生活プリントと心理テストの結果を頂く。
マイナスは、本人が友達と遊んでる話をする割に、うち解けてない結果が出るんだよなぁ。
まぁ、私の子だから似てるのか・・・?
その後、プラスのクラスではもらわなかった、友達評価の紙を頂く。
これはクラスの子が、「クラスの中で○○が優れている」と思った子に「○○な人 ○○さん」と書かれたカード(というか付箋ぽかった)を渡し、それを1枚の紙に貼り付けた物。
2回行われたらしく、2枚頂いた。
何かしらのいいところを見つけるという趣旨なのだろうが、やはりクラスの子がどう思ってくれているかを知るのは嬉しいんだろうな。
そして、テスト結果について。
全体的に、あまりよろしくない(-_-;)
国語はまだいいのだが、算数は・・・と先生にもハッキリ言われる。
結構、読書をしているので、国語についてはあまり心配していないのだが、漢字が・・・。
読めるのだが、書くのが相変わらず雑でテキトーorz
算数は、単元が終わったばかりは解けるらしいのだが、しばらくすると忘れてしまう-身に付いていないらしい・・・。
返されたテストの中の1問について、「ズルしちゃだめだよ。式、カンで書いたでしょ。」とまで言われてたよ(-_-; 本人否定してなかったし)
冬休みに、私がちゃんと復習させることを約束しました・・・(-_-;)
友達関係は良くなっていると、お褒め頂いた。
考えて行動しているのが他の子にも伝わっているようで、周りも頑張りを認めていると言って頂けたよ(^^)

高学年になってくると、低学年の時とは面談の内容も変わってくる。
しかし、双子なのに、なんでこんなに違うかなぁ・・・(^^;)

|

« 自主勉 ムニエル 12/17 | トップページ | お楽しみ会12/20 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事