« 花火 | トップページ | トリックアート展 »

親の夏休み

10歳5ヶ月

ようやく大人の夏休み開始。
私の派遣先は大手製造業なので、毎年、土曜日から翌週日曜まで、合計9日の夏休みがある。
まるはの会社はそこまでではないが、一応毎年4、5日はもらっていたように思う。
が、「今年は仕事が忙しくて夏休みも出なくちゃいけない」と言う。
事実、休んだのは日曜日と、壊れて買い替えたエアコンを電気屋さんが設置しに来る日だけだった。
というワケで、夏休み中は、母子子家庭状態。
私が仕事の日は2人でお留守番させているので、できる限り、3人で出かけることにした。
ちなみに、義母には夏休みは無く、毎日デイサービスへ行っていた。
昼間は不在なのが、精神的に、かなり助かったよ。

始めの土曜日は、去年、浮き輪に穴があいてしまったので替わりを買いに。
浮き輪無しでも泳げるのだが、やはり流れるプールでは、あった方が面白い。
久しぶりにイトーヨーカドーへ。
ら、もう水着etcのコーナーは縮小されており、浮き輪もほんのちょっとしか無かった。
ので、同じ敷地内のアカチャンホンポへ行ってみた。
昔、よりどりみどりだった記憶があったのだが、超久しぶりに行ったら、小さい子用しか無かった。
というワケで、イオン市野へ。
ら、結構大きな水着コーナーがあり、無事90cmの浮き輪を2個ゲットすることができた。

日曜日はまるはと一緒に電気屋さんへ。
実は、リビングのエアコンの調子が悪く、どうやら故障している、ということが分かり、まるはがいろいろやってみたのだが、結局買い替えることにしたため。
電気屋さんを2軒回り、2軒目に決めて、木曜日に工事に来てもらうことになった。
夏休みで自宅にいる双子がちょっと大変だったのだが、これでようやく涼しい部屋で過ごせるようになるよ。

月曜日からは、再び3人。
夏休みの宿題、工作&自由研究の材料を買いにホームセンターへ。
2人とも貯金箱を作ることにしたので、針金、木材、釘等を購入した。

火曜日は、城北図書館へ。
双子の自由研究の参考になる本の物色と、私の読み聞かせ用の本を探しに。
2人とも題材は決まっていたのだが、具体的な方法がよく分かっていなかったため。
双子は理科実験の本を、私は落語絵本を数冊借り、マイナスが恐竜の本を予約した。

水曜日は北部水泳場へ。
買ったばかりの浮き輪に乗って流れるプールで遊び、双子はウォータースライダーも楽しんだ。
思ったより天気が良くて、結構日焼けしてしまったよ(^^;)

木曜日は電気屋さんがエアコンの設置に来た。
まるはが会社を休んで(というか休日出勤をやめて)家にいることにしたのだが、予定時間が11時~14時と中途半端だったので、半休できずに結局1日家にいた。
13年前、家を建てた時に設置したエアコンはお役ご免。
当時はかなり高価かったのになぁ。
ご苦労様でした。

金曜日は、お盆なので、私の先祖の墓参り。
両親とも菩提寺が浜岡--原発のお膝元にある。
約40kmの道のりを、ドライブがてら向かう。
父方のお墓は、回りが林なので、蚊が凄い。
虫除けスプレーをしていても、服の上からも刺される勢いだ。
以前、実母や実妹達と行った時、母が「小さい子には付いて来易いんだよね」と言ったのを2人とも覚えており、お清めの塩を「もっとかけて」と大量に肩からもかけたよ(^^;)
母方のお墓は、日がサンサンと照るお寺の敷地内。
こちらは暑くて大変だった(^^;)

土曜日は、私の読み聞かせ用の本を更に物色するため、今度は可新図書館へ。
プラスが足りない材料があると言うので、その後月曜日とは違うホームセンターにも行った。

↑の間、家でちょこちょこと、自由研究&貯金箱作りも敢行。
マイナスは針金で骨組みを作り、紙を貼って成形、絵の具で彩色するという、王道な方法。
プラスは板と木材、割り箸、輪ゴムで、パチンコのように硬貨を弾いて落としていくゲーム様の貯金箱。
私の想像と、まるはの想像が違ったので、後半、大変そうだったよ(^^;)

※すみません。記事のタイムラグが大きすぎて、1ヶ月ほど遅れた内容になってます。

|

« 花火 | トップページ | トリックアート展 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事