« 台風4号 | トップページ | 音読 »

自転車部県大会

10歳3ヶ月

2人の所属する「自転車部」の県大会があり、保護者も応援に付き添っていいと言うので行ってきた。
ちなみに、主催は「静岡県交通安全協会」と「県警察本部」、「県自転車安全教育推進委員会」。
指導には毎回交通安全指導員さんが来るらしく、バスも協会で用意してくれた。
朝6:20に学校に集合、先生や保護者が見送る中、学校を後にした。
集まっていた人は多かったのだが、付き添う保護者はウチを含めて5人。
なんだ、みんなそんなに付いてかないんだ(^^;)
東名高速道路を走り、途中1度休憩を取って、8時半前に会場である静岡市中央体育館に到着。
バス駐車場に着いたのはウチの小学校が一番乗りだった。
その後、続々と県内からバスが集まり。
参加校は29、参加選手は116名、それぞれの学校の指導担当の交通指導員さん多数で、体育館はいっぱいになった。
子供と大人、同じくらいの人数だったんじゃないかな。
午前中は、開会式の後、学科試験と、ゼッケン50番までの実技試験。
選手は各校4人なのだが、来ている児童は全員が開会式、閉会式に参加することになっており、双子も他の子達と一緒に、体育館の競技場(?1F)へ降りていった。
ら、選手しか来てない学校もあって、ウチの学校が一番児童数が多かったよ(^^;)
次に別室で筆記試験。
試験が行われている部屋には近づかないようアナウンスがあったので、仕方無いけど、大会を応援している雰囲気じゃなかった(^^;)
午前中に、双子の小学校の最初のエントリーの子(部長さんらしい)だけが実技試験を受け。
お昼になったので、お弁当が支給された。
どうやら、全体で注文しているらしく、隣の学校も同じモノを食べてたよ(^^;)
その後は、「指導員さんから」というデザートが幾つか回ってきた。
子供達を凄く可愛がって下さってるんだなぁ、と嬉しくなった(^^)
午後は、残り66名の実技試験。
実際に走っているのを見ても、大きな差は無いように思えた(てか、分からない)が、「後方良し!」とかの声の大きさが全然違う。
自分に確認してる程度の大きさの子もいれば、体育館中に響く大きさの子もいて、やはり声の大きい子の方が好感が持てたなぁ。
双子の小学校の応援席は、2人目3人目の時は、ダレてしまっていたのだが、4人目の選手の番になったら、にわかに活気づき。
実は、4人の中で、彼だけが5年生だったので、5年生中心に大盛り上がりだったのだ。
双子も「Rは5年生の星!」などと言って、走り回り(よく見えるところを探していたのか?)、「頑張れー!」とみんなと一緒に一生懸命応援していた(^^)
116名全ての試験が終わった後は、開会式の時のように、子供は1Fの競技場へ整列。
警察の吹奏楽の演奏を聴いた後、そのまま閉会式になり、講評の後、成績発表がされた。
双子の小学校は、団体では5位以内に入らなかったモノの、部長さんが個人の10位以内に入賞。
大盛り上がりだったよ(^^)
優勝は、ずーっと連覇している、三ヶ日の小学校。
8月には全国大会へ行くらしい。頑張って欲しいね。
帰りは、往きと同じく、バスに乗って東名高速道路を走り。
子供達は、歌を歌ったり話しに花が咲いたり、大騒ぎだった(^^;)
お茶とお菓子のお土産ももらって、大満足だったんじゃ無かろうか。
予定より、少し遅れて18:30過ぎに学校に到着。
迎えに来た保護者や学校で待っていた先生方に、とりあえず、個人で1人が入賞したことを報告し、解散となった。
自転車部の活動としては、これで一区切りらしい。
この後は、イベントに出たりはするモノの、今までのような怒濤の活動はお休みとのこと。
なーんだ、じゃあ他の部活にも入れば良かったのに(自転車部は通年の予定だが、他の部と掛け持ち可)。
ちなみに、プラスは来年は出場したくなったらしく、「来年も自転車部に入る!」と意欲満々。
マイナスは「どっしよーかなー」と言っていたが、後日、敢闘賞の賞状とキーホルダーを貰ってきたら、「来年も入ろうかなー」と言い出した。
できれば同じ部活を続けて頑張って欲しいなぁ。
それにしても、滅多に見られないモノが見られて、楽しい1日でした(^^)

|

« 台風4号 | トップページ | 音読 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事