« 3日連続 | トップページ | 金環日食 »

路上演劇祭

土曜日、総会から帰って、大急ぎで昼食を食べ、街中で行われている「路上演劇祭」へ。
10数年前、一緒にダンスチームを組んでいた友達S代が、読み聞かせグループのママ友と出演するというので観に行った。
路上演劇祭出演は3度目だそうでビックリ。
一昨年観たときは気付かなかったよ(^^;)
S代と同じくダンス仲間で、一緒に3rdFestaを観に来てくれたA井と合流して場所取り。
S代の娘ちゃん2人も来ていたよ(^^)
それにしても、シャンボールの跡地が更地になっていて、これまたビックリだった。
S代のチームKAB30の順番は1番目。
昔話、桃太郎のアレンジだった。
4人の女性が黒っぽい上着とジーパンを着て、入れ替わり立ち替わり、いろいろな役になって、いろいろな昔話をからめた桃太郎のパロディを演じていく。
途中、小学生らしい子供も参加して、微笑ましいお芝居だった(^^)
ちなみにS代は、最初にナレーションをした、狂言回し的な役。
髪を両側で2つに結んでいたのに、ちょっと驚いた。
ら、幼なじみでもあるA井は「40であの髪型は・・・やっていいことと悪いことがある」と辛辣な感想(^^;)
しばらくして、劇の後半でイヌ役をしていたので、2人で「イヌかぁ」と納得。
A井も「それなら許す」と認めていた。
ラスト、S代の台詞でお芝居がお終いになった頃、実妹Kがやって来た。
彼女も同じダンスチームだったので誘ったのだが、やはりいろいろと家事などが重なり、始まりの時間には間に合わなかったらしい(^^;)
最後の台詞は聞けたそうで、その後、S代とも話ができた。
お芝居をするのは、路上演劇祭以外では無く、この演目も、今日が初めての発表と聞いてビックリ。
読み聞かせのお母さんって凄いのね。
その後、実妹Hが姪Kをベビーカーに乗せ登場。
実妹Kが誘ったらしい。
しばらく路上でお喋りした後、赤ちゃんもいるので場所を変えようということになったのだが、一応古巣の浜松キッドだけ見せて欲しいとお願いして、4人で観ることにした。
ちなみに、上演前に、S津君にだけ挨拶できた(^^)
KAB30は、シャンボールの跡地のアスファルトの上で演じたのだが、キッドは完全に路上。
観客との境が分かりづらかったので(それが狙いだと思うけど)、観客ほぼ全員が立って観劇。
お陰で、ちょっと後ろにいただけで、かなり見え辛かった。
「ただ通るだけ」の人にも迷惑かかってたしね(--;)
お芝居はメンインブラックを彷彿とさせる内容&衣装だった。
顔を知らない役者が2人ほど出ていたが、相変わらず声が出ていない。
2組目の団体が、シャンボール跡地ではなく神社の方でパフォーマンスをしている間、キッドの人達が発声練習のデモンストレーションをしていたのだが・・・・・。
「外だから」というだけでは無いと思う(M春さんの声は聞こえたし)。
実妹Kは「棒読みが笑える」とよく分からないツボのハマリ方をしてた(--;)
しかし、観客をかき分けて移動するなら(狙ったんだろうけど)、もう少し、小さい子供とかベビーカーに配慮すべきだったと思うなぁ。
ちなみに、小道具(銃やタマゴドンの衣装)は「凝ってるねぇ」と絶賛されてたよ。
まぁ、小さい子は食いついて見てたし、分かり易くて面白かったかな。

その後は、4人でお茶して、近況を話し。
妹たちとも、珍しくゆっくり話せた。
20年来の友人が変わってなくて嬉しかったよ(^^)
あっという間に時間が過ぎ、次回は、S代も一緒に飲みに行こうという話になった。
いやぁ、楽しかった♪

双子を連れて、ホビーショーに行ってくれたまるはのお陰で、自分の時間が持てたよ。
多謝。

|

« 3日連続 | トップページ | 金環日食 »

私日記」カテゴリの記事

芝居」カテゴリの記事