« 風邪 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

静岡

10歳3ヶ月

私が路上演劇祭に行った日、まるはが双子を連れて、静岡ツインメッセで開かれた「ホビーショー」に行ってくれたのだが。
帰宅したら、何かが「無い」と言って、車の中やなんかを一生懸命探している。
どうしたのかと思ったら、「DSのソフトが無くなった」らしい。
うえぇ、何それ。
DSのケースには、3ヶ所ソフトを入れるポケットがあり、そこはゴムで挟めるようにもなっていて落ちにくいのだが、収納より1つ多くソフトを持って行ったマイナスが、スリットに入れただけの状態で、ケースのファスナーを開けたまま持ち歩いていたらしい。
落としたんだよ、それ。
そんな、人が大勢集まる会場でDSソフト落としたら、もうきっと出て来ないよ。
拾った人が「ラッキー」って持ってっちゃったよ、きっと。
あーあ、残念だったね。諦めな。これから気を付けなさい。
と言ったら、子供達よりまるはが諦められない様子。
なので、どこに行ったか聞いたら、会場のツインメッセと、隣のイトーヨーカドーだけらしい。
「どうしよう」と言うので、「電話して聞くくらいしか無いんじゃない?」と言ったら、「じゃあ、かける」と言う。
HPにホビーショー事務局の電話番号が載っていたので、まるはがかけることに。
ら、「落とし物~?いっぱいありますよ~」と言われ、なんと、マイナスのDSソフトも届けられていたらしい。
素晴らしい!日本もまだまだ捨てたモンじゃないね。
「明日取りに来ますか?」と言われたらしいのだが、静岡市に2日続けていくのは無理(^^;)
てか、双子自身が、午前は学校の奉仕作業、午後は子供会のイベントという用事があったので行けない。
「明日はちょっと」と言ったら、「じゃあ、ツインメッセの事務局に預けますので、なるべく早く取りに来て下さい」とのことだった。

と、ここまでが前置き。

ただソフトを取りに行くだけに、静岡に行くのも勿体ないと思ったので、何かイベントをやってないかと探したのだが、科学館も美術館もあまり面白そうではなく。
といって、あまり遅くなってもいけないと、2週間後の土曜日、取りに行った。
ツインメッセの歩道の切れ目に車を停め、私だけが車に残り、まるはと双子が事務所へ。
5分ほどで戻って来た。
2人が大喜びで話した所によると(まるはの補足付き)、ソフトがテープ(?)でメモに張られ、それがホワイトボードに貼ってあったらしい。
受け付けてくれた男性はよく分かってない様子で、奥の女性が「それ!」と指摘してくれ、やっと話が通じたとのこと。
「忘れ物を取りに来る人が少ないんじゃないかねぇ」なるほど。私も諦めようとしたしね。

その後は、街中へ出て「セノバ」へ。
昔、西武へ来た時によく停めた駐車場に停めて、てくてく歩いていった。
少し迷って、セノバに着き、まずは腹ごしらえ。
フードコートで、いつもと変わらないメニューだったけど(^^;)
その後は、メイン目的の「東急ハンズ」へ。
5Fの半分くらいの大きさだったから、東京とかに比べたら、品揃えは少ないんだけど、それにしてもいろんな物がいっぱいあって面白かった。
浜松にもできればいいのに。
マイナスが駐車場から歩く間に、どんどん機嫌が悪くなっていったのだが、ハンズで欲しいモノ(ポケモンのスタンプ)を買ったら機嫌が直り。
オモチャやシールのコーナーで、大はしゃぎだった。
ちなみにプラスも迷いに迷って、積みあげるオモチャを買った。
楽しくて良かったね(^^)
その後は「ジュンク堂」へ。
ここも、浜松には無い、品揃えの多い本屋さん。
ちょっと見てみたいな、と思っていた、飯島早苗さんの戯曲があって嬉しかった♪
ちなみに、ここへ来たかったのは、本の多さも勿論だけど、去年、会社の交通安全のキャンペーンに参加してもらった、クオカードが使えるから。
浜松だと、使える本屋さんって無くて、セブンイレブンで使うくらいだから、何となく勿体ないなと思っていたのだ(本当はどこで使っても\1000の価値)。
「鋼の錬金術師完全版2」を買っちゃった♪
そして最後は地下の「さぼてん」で豚カツを買って終了。
久しぶりにウィンドウショッピングを楽しんだよ(^^)
マイナスがソフトを落としたお陰だね(^^;)

|

« 風邪 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事