« 浜松まつり | トップページ | 3日連続 »

調理実習

10歳2ヶ月

5年生になり、家庭科が始まった。
まずはガイダンスがあり、1年の計画を説明されたらしい。
そして最初の実習は調理。
といっても「お湯を沸かしてお茶を入れる」というもの。
実習の計画の時に、「みそ汁はいいのか」「インスタントスープは?」という質問があり、先生からオッケーが出たと、プラスはコーンスープの素を持っていった。
ら、案の定、他にはいなかったらしい(^^;)
1週間遅れでマイナスのクラスの実習。
堅実なマイナスは「紅茶がいい」とティーバックを持っていくことにした。
が、プラスのクラスで「紅茶マズイ」と評判だったようで、聞いたらストレートで飲んでいたとのこと。
てなワケで、スティックシュガーを一緒に持たせた。
「お友達の分も持ってってあげれば?」と言ったのだが、「いい」と1本だけ持っていった。
ら、やはり他の紅茶の子は「マズイ」と言っていたらしく、マイナスのを飲んで「うまい!」と言われたらしい。
持ってってあげれば良かったのに(^^;)
↑は、「コンロを使う」という実習らしく、次はランクアップして「卵をゆでる」。
プラスは、卵に気を取られるあまり(自分の分を持参)、身支度の三角巾を忘れてった(^^;)
でも、ゆで卵は美味しくできたらしい。
プラスより、遅れて実習をするマイナスは、家で予習。
連休中に、2人で2回も、卵をゆでてくれ、潰して卵サラダを作ってくれた(^^)
他の教科も、このくらい熱心だといいのにね。
予習の甲斐あって(?)、マイナスも美味しくゆでられたらしく、給食に花を添えたらしい。
その次は、野菜サラダ。
班ごとに好きなドレッシングを作るらしく、プラスの担当はすりゴマ。とプチトマト。
実習計画の直後から「プチトマト4個持ってく」「ウチにすりゴマある?」と熱心だったのに、当日は金環日食に気を取られて、全て忘れてったort。
ゴマを入れないドレッシングになったらしい(^^;)
卵ぐらいなら自分だけだけど、サラダの材料はみんなが困るんだよ、と説教しといたけど。

2人曰く、家庭科は「理科の実験みたいで面白い」らしい。
プラスは、「これで夏休みとか、自分達でお昼にゆで卵とかサラダ作って食べればいいね」とやる気満々。
是非、調理男子になってくれたまへ。

|

« 浜松まつり | トップページ | 3日連続 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事