« 誕生日 | トップページ | 『草原の王朝 契丹』 »

みんなで遊ぼう!親子レクリエーションゲーム

10歳0ヶ月

↓てなワケで、日曜日の午前中は、PTA保健体育委員会のイベントだった。
私は係だったので、8:30に小学校体育館へ。
まぁ、準備といっても、受付用のテーブルを出すとか、講師の先生をお迎えするとか、その程度だったんだけどね。
9時からの開始に合わせて、親子連れが三々五々集まり、開始時間直前に、双子がやって来た。
講師の先生も到着し、車から小道具(?)を下ろすのを手伝った。
時間が来て、イベント開始。
ちなみに、講師の先生は去年も来て頂いた方だそうで、青少年の家の職員の方らしい。
始めに講師の方の自己紹介。
ホワイトボードにご自身のお名前を書かれて(変わったお名前だった)、ちょっと長めの話。
ら、プラスが「僕たち、ずっとこのお話聞いてるの?」いやいや、遊びがメインだからもうすぐ終わるよ(^^;)
そして、最初にジャンケンゲーム。
全員が立って、講師のKさんとジャンケンし、残り人数が少なくなったら前に出て勝った人同士で対戦、1位を決める。
というのを3回やって、3人代表を出すと言う。
そして最後にその3人で勝負し、グランドチャンピオンを決めるらしい。
1回目は結構真剣にやったので、残りの4人に入り、前に出てジャンケン。
Kさんが「相手は子供だから」と言うので、負けようと思ったのに勝ってしまい、第1戦目のチャンピオンになってしまった(^^;)
残り2回は、私が1戦目で勝ってしまった同じ子が勝ち、最終決戦は2人で。
↑この子は3回とも始めにチョキを出していたので、パーを出したらあいこ、次はグーかなとチョキを出したら勝ってしまった。
負けようと思ったのに(--;)
戻ったら近くのお母さんに「無欲の人が勝つのよ」と言われて、そうかもと思った。
その次は「檻の中のゴリラ」というゲーム。
2人が両手をつないで檻を作り、その中に別の1人が入ってゴリラになる。
Kさんが「檻!」と言ったら檻役の人が、「ゴリラ!」と言ったらゴリラ役の人が、グループから離れて別グループへ移る。
その際、2人の檻役は別の人とペアを組まなくてはならない、というゲーム。
ルールが分かったところで「椅子取りゲーム方式にします」と余分の人を入れて、はみ出る人が出るようにした。
「じゃ、余った人は『ドラえもん』ね。1度目は『ド』、2回目は『ドラ』、3回余ったら『ドラえもん』」だそうで。
1人、『ドラえもん』になった子がいました(^^;)
その後は、「2人で集まってー、集まったら座ってー」というのを、どんどん人数を増やしていき。
最終的にそれが組分けになって、今度はチーム対抗でゲーム。
6チームぐらいになったのかな?
縦に列を作り、チームの中の1人が列の前へ出て、1つずれ(自分のチームでは無い列の前に立つ)、残った人たちが順番に走って行ってジャンケン。
負けたら壁をタッチして、戻ってもう1戦。
勝ったら次の人と交代するというゲームをした。
ウチのチームの対戦者はジャンケンが強くて、みんななかなか勝てず、ビリになった。
その後は同じチームでボールを使った対抗リレー。
同じように前に出た人が持つバケツにボールを入れたり、ワンバウンドさせて入れたり、普通のボール送りをしたり。
ウチのチームは低学年率が高かったのもあって、かなりの確立でビリをゲットした。
とはいえ、Kさんに「ビリー」と言われても楽しんでるカンジだったけど。
最後は転がしドッジボール。
子供が枠内に入り、大人が外からボールを転がして、当たった人は外に出る。というもの。
1回戦目はマイナスが残り、2回戦目は2人とも当たってしまった。
全てのゲームが終わり、最後に講師の方の挨拶。
その後、校長先生のお話が。
ら、ジャンケンゲーム勝者の私に、景品--学校名が入った、青のキャップを下さった。
実は、見守りのボランティア(児童の登下校時に合わせて、散歩や庭の手入れなど、外の仕事をして児童を見守る)に申し込むと、配布される物なのだ。
「宣伝も兼ねてます」と仰っりながら下さったキャップを、マイナスが「欲しい!」。
ガッツリ学校名が入ってる(ローマ字だけど)けど、君が良ければいいよ。
私は片づけがあったので、双子は先に帰宅。
あー、久しぶりに遊んで面白かった。
でも結局ダウンコートを脱ぐほどは暑くならなかったのが残念だったなぁ。もう少し動くと思ったのに。
さて、これで体育委員会の仕事は終わり。
肩の荷が下りたよ。
子供1人に付き1回役員をやらなくてはいけないのだが、来年はどうしようかな。

|

« 誕生日 | トップページ | 『草原の王朝 契丹』 »

双子10歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事