« 夢の島プロジェクト稽古 | トップページ | 自然体験教室 »

Anniversary

9歳9ヶ月

12月2日は私の誕生日だった。
朝、まるはが「おめでとう」と言ってくれ、子供達にも言わせてた(^^;)
産まれたのは20時過ぎらしいので、正確にはまだなんだけど。
まるはが仕事を定時で上がってくる、と言うので、個々が選ばなくてもいい、シュークリームを頼んだ。
Angel tailのロールケーキは食べたことがあったけど、シュークリーム(正確にはパイシュー)は食べたことがなかったので。
仕事を終え、いつものように18時頃帰宅したら、マイナスが部屋から出てきて「お母ちゃん、お誕生日おめでとう」と迎えてくれた。
リビングに入ったら、ゲームをしながら(笑)プラスが「お母ちゃん、おめでとう」と言ってくれた。
私はなんて幸せなんだろう、ととても嬉しくなった(^^)
夕飯のメニューは親子丼だったのだが(私の希望)、材料を切った頃、まるはが帰宅し、続きを作ってくれた。
食後はみんなから再度お祝いの言葉をもらって、パイシューを食べた。
実は、記念日が続くので、今日はちょっと質素に、と思ってシュークリームにしたのだが、思った以上に美味しくて、嬉しい誤算だった。
こだわって作っているというだけあって、パイがサクサクパリパリで、甘すぎず、ちょうどいい美味しさだった。
翌3日は結婚記念日。
なんと(笑)17回目を数えた。
とはいえ、休みの日しか動けないので、まずは双子を歯医者へ連れて行った。
マイナスが「噛むと痛い」と訴えたので、予約を取ったのだが、永久歯の生えてる位置がどうも変なんじゃないかと思われる、プラスもついでに予約を取った。
ちなみに、右下の犬歯が抜けて無い状態なのだが、その後ろの臼歯が、乳歯と永久歯が横に並んで生えているように見えるのだ。
乳歯がすぐ抜けるなら問題ないのかなぁ、と思いつつ、診てもらうことにした。
マイナスが、往きの車中で「やだなぁ」「行きたくないなぁ」と小声でぐずぐず言う。
が、治さないと自分が困ると分かっているので、泣いて嫌がるほどではないのが、可笑しい。
30分違いで予約を入れてくれたのだが、先に呼ばれたのはマイナス。
結局、痛いのは以前神経を取った歯で、痛かったのは、下の歯を永久歯が押していて、噛み合わせが変わったから、だったらしい。
大したこと無くてホッとした。
交代してプラス。
「この歯が」と説明して診察室に送り出した。
ら、しばらくして、診察室から出てきた看護師さんに「もっと早く連れて来て下さい」と叱られた。
「乳歯が邪魔で永久歯が倒れて生えてきてしまっている」らしい。
「今日は乳歯を抜きますね」とのこと。
申し訳ないと思いつつ、でも気が付いた時には、もう永久歯がその大きさだったんだよなぁ。
治療が終わり、綿を噛んだプラスが、抜いてもらった乳歯を持って待合室に戻ってきた。
普通、生え変わりで抜けた乳歯は、根っこが融けているので、歯茎の上に見えてるのとあまり変わらない形状なのだが、戻ってきた歯は、片方の根っこがしっかり残っていて、当分抜けそうにないシロモノだった。
プラス曰く、抜く時に「メキ」といったらしい。
抜いてもらって良かったね。
その後、イトーヨーカドーで、子供達が今週行く「自然体験教室」用の着替えを買い。
結婚記念日のケーキはボンボニエールで買った。
プラスがマロンケーキ、マイナスがザッハトルテ、まるはがトリュフケーキ、私がイチゴショートを選んだ。
まるはが作ってくれた炒飯を食べた後、よく分かっていない双子とケーキでお祝いした。
いい記念日でした。

|

« 夢の島プロジェクト稽古 | トップページ | 自然体験教室 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事