« 参観会 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

静大「テクノフェスタIN浜松」2011

9歳8ヶ月

土曜日に、プラスが微熱があったので心配したのだが、日曜日には出かけられるほどに快復し、本人も行きたいというので、今年も『テクノフェスタIN浜松』に行ってきた。
ちなみに、プラスは風邪をひいていても「行きたい」と意欲満々だったのだが、マイナスは「行きたくない」と駄々をこねるほどの拒否っぷり。
「何時間も1人で留守番しなくちゃいけないんだから」「去年楽しかったら?(楽しかったでしょ?の遠州弁)」と、半分無理矢理連れて行った。
10時前に静大工学部に着き、受付でパンフレットをもらう。
当日予約の体験講座を物色するも、今年は2人とも「やりたいのが無い」らしい。
念のため、会場の「次世代ものづくり人材育成センター」に行ってみたら、「今日の予約は終了」とあった。大人気なのね。
そのまま、同じフロア内の「ロボットを体験しよう!」で遊ぶ。
サッカーゲームをするロボットを、2人で操作して対戦したのだが、マイナスが「あの駄々こねっぷりは何だよ」というほど、楽しんでた。
結構マイナスってこうなんだよな。
出かけさせちゃえば、楽しむのに。
まぁ、食に関しても食わず嫌いで、食べたら「美味しい!」って言うことが多々あるんだよねぇ。
プラスが、去年面白かったから行きたいと言うので、「ブロック崩し」へ。
記憶をたどって「電気電子工学科棟」へ行ってみる。
2Fに、去年体験した「ホバークラフトに乗ってみよう!」があり、珍しくマイナスが乗ってみる気になったのに、あれよあれよと言う間に列が出来、マイナス「いいよ、やらない」。
つまんないなぁ。
仕方なく、3Fへ行ってみる。
ら、去年も体験した、ドライヤーでスチロールボール運んだりできる「ボールと流れ」のブースが。
大喜びで、ドライヤーでボールを運び、ペットボトルに沈んだマスコットを上下させ、ブーメランをぶん投げた。
大学生が「じゃ次こっち来て」と案内してくれるのを、ぶっちぎるマイナスにヒヤヒヤしたよ(^^;)
最後に、ピンポン玉発射装置(?)で、回転によって空気の流れを変えてボールを曲げているということを教えてもらった。
まぁ、双子は何も考えずにポンポン撃ってただけだけどね。
その後、ようやく探し当てて、「ブロック崩し」へたどり着き。
今年も人気で、列になっていたので、マイナスは「ボクやらない」と「大声コンテスト」と「プラズマボールを触ってみよう」へ。
「大声コンテスト」で飴をもらい、「プラズマ」の放電を楽しんだ後、まるはと並んでいたプラスの所に戻る。
並び始めより、列の長さが半分くらいになっていたのだが、プラスの後ろに誰も付いていなかったので、そのまま一緒に待つことにした(マイナスが)。
今年は何故かBGMに、マリオカートが流れており、2人で歌いながら(正確にはマイナスの後ろに付いた子も歌ってた)ノリノリで順番を待った。
ずっと待っていたからと、プラスから挑戦。
ら、去年同様、「練習」でクリアしてしまい、歓声の中、お菓子を3個もらった。
次のマイナスは、1回の練習の後、本番に挑戦し、惜しくもブロック1個残。
が、お菓子を2個もらい、プラスいわく「練習でクリアしちゃった方が(遊ぶ時間が)短いかも」の言葉通り、沢山楽しめたかも。
それから、一度売店辺りをうろうろしてから、「画像処理を用いたリンゴ採りゲーム」をやりたいと言うプラスに従い「情報学部2号館」へ。
1Fに、2人で挑戦する、リズムに乗って体を動かして相性を占うゲームがあり、客引きのお姉さんに声をかけられたのだが、スルーして3Fへ。
展示がまばらで人があまりいなかったせいか、「りんごゲーム」にも人がおらず、双子は大歓迎を受けた。
マイナスが「ボクやらない」と言うのを説得して、対戦モードで挑戦。
正面に映し出された画面を見ながら、自分がコントローラーになって、落ちてくるりんごや毛虫などを、取ったり避けたりするゲームなのだが。
青いTシャツを着ていったマイナスは、画面の合成がうまくいかず、顔と腕だけになってた。
「だからやらないって言ったのに(去年経験済)」なるほど。
と言いつつ、対戦モードでプレイし、相手にダメージを与えるアイテムを選んで取ったマイナスは、ハンデを乗り越え2ポイント差に迫った。
プラスが「もう1回やりたい」と言ってたのだが、次にやりたい子が来てしまったので、展示室を後にした。
そのまま、校舎内をうろうろしていたら、廊下の突き当たりの少し広い場所で、数人が何かの実験のようなことをしており。
断続的にポーズを取っている人がおり(教授か?)、その動きをロボットにコピーさせているらしい。
双子に気付くと、ポージング役を変わってくれた。
マイナスが言われるままガッツポーズを取ったりしていたのだが、通信が上手くいかないようで、ロボットが動かない。
何度か調整してくれている間、リモコンの2輪車で遊ばせてもらう。
ようやく動きをコピーしてくれるようになって、自分と同じように動くのをしばらく楽しんだ。
まるは曰く、去年も2輪車で遊んだらしい。
去年は玉乗りロボット(全方向にバランスを取る)もあったんだって。
1Fに戻り、再びゲームの呼び込みにつかまり。
今度はその気になったプラスが、プレイしている人を見られるディスプレイの前で練習までしたのに、ここでもあれよあれよと言う間に待つ人が増えて(列を作るのはディスプレイの前ではなかったので)、プラス諦め。
残念だったね。
ドラムセットを自動で演奏するロボットを見た後、帰ることにした。
が、最後にアクシデント。
校内の自動販売機でジュースを買ったのだが、マイナスがダイエットコーラのボタンを押したのに、出てきたのは爽健美茶黒冴だった。
その後買った、大学の職員と思われる女性も、同じ目に遭ってたよ。
自販機に書いてあった電話番号に電話するも留守電。
どうすりゃいいんだ。
マイナスの喉は治まらないので、もう140円出すハメになったよ(--;)
それ以外は楽しい1日だった。
来年も行くのかな。
そしたらもっと早く行って、体験工作しようね。

|

« 参観会 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事