« 夢の島プロジェクト稽古 | トップページ | ごんぎつね »

ミシン

9歳6ヶ月

夏休みが明けてから、2人が「上靴がきつい」と言い出した。
え、マジ?
次に買い替えるのはプラスだろうなと思ってたけど、マイナスも?
新学期になって、ちょうど体操服等の注文書が来たので、これ幸いと注文した。
ちなみに、プラス22cm、マイナス23cm。
マイナスは、もうそろそろ私に追いついちゃうね
小学校に上がったら、成長が緩やかになると思いきや、あんまり変わらないなぁ・・・。
さて、今使っている上靴袋は、保育園の年中さんの時に縫ってあげた、紐でぎゅっと口を締めるタイプの、単なる巾着袋。
だいぶ小さくなってきたなぁとは思っていたけど、マイナスの上靴が23cmになると、多分もう入れられない。
というワケで、新しい袋に替えることに。
2人で「ポケモンがいい!」と言うので、ちらっと出来合いの袋を探したけど、季節柄なのか、全然見つからない。
仕方ないので、作ることにした。
と、ここまでが前置き(長い)。
双子と、ジャスコ内の手芸コーナーで、ポケモンのキルティング購入。
そうやって育てたから仕方ないんだけどさ、違う色のを選ぶ(同じ布で良ければ経済的なんだけど)。
プラスの布の色に合うベルト(持つところ用)と糸(マイナス分は在庫でオッケー)、兼用できるDカンとボビンも買った。
ネットで見つけたブラザーのサイトで、上靴袋の作り方をゲット。
布とベルトを裁断した。
ボビンにプラスの糸を巻き、まずはキルティングの端の始末、ジグザグ縫いをする。
が、縫えない・・・。
何だ?同じ場所でジグザグしているように見えるが・・・。
初めてジグザグ縫いをしたので、何か設定が悪いのかと、いろいろやってみるが結果は同じ。
何が悪いんだよぅ。
ふと思いついて、普通の並縫いをしてみた。
ら、やはり同じ場所で足踏み状態。
布を送ってないんだ・・・。
送り歯が上下するものの、前後に動いてないらしい。
まずは取説を見てみる。
が、Q&Aの「布が送れない」という項目には該当する答えが無い。
仕方ないので、とりあえず掃除してみる。
あまり使ってはいないものの、購入後、初掃除。
ら、フェルトみたいな綿ゴミと、今回のものと思われる糸が沢山出てきた。
が、固着していたり、動作の妨げになるほどの量ではなく・・・。
案の定、掃除した程度では、状況は変わらなかった。
こりゃもう、修理に出さないとダメかな。
でも、いいヤツ買っちゃったから、オーバーホールだけで結構かかりそうなんだよなぁ・・・(byネット情報)。
念のため、まるはにも状況を説明。
「動いてるけど送らない」「掃除してみたけどダメだった」「送り歯の所を分解するには工具が無い(狭くて入らない)」等々。
さぁ、どこに修理に出そうか、と言ってたら、「一応見てみるよ」とのこと。
それで、直るなら万々歳だけどね。
ちなみに布購入が土曜日、縫おうとしたのが日曜日、月曜日には学校に靴を入れて持って行く筈だったのにダメになり、まるはが「見る」と言ったのは週末のつもりで、しばらく袋作りは頓挫した。
ら、せっかちマイナス君、まるはに「見た?」とうるさい(^^;)
「うーんと、なんていうんだっけ、忘れちゃった。『布縫い機』!」間違いではないけど、すげぇ日本語だ・笑
ようやく週末になり、まるはが蓋を開けてみてくれた。
「ここが動くのにはここが動くからで」「ここに繋がってるから」等々言いつつ、どうやら部品が壊れているわけでは無いらしい。
「このモーターがダメなんじゃないかな」と言うも、送り歯は、手で針を動かした時(電気で動かさなくても)も送る筈。
「あ、そうか」「ずーっと使ってなくて、久しぶりに使おうとしたら動かなかったんだよね」
結局、油ぎれでした(^^;)
そういえば、昔の足踏みミシンって、台に穴があいてて、そこにミシン油を差すんだったなぁ。
油を差したら動くようになり、針とのタイミングが正しいか(私が)確認して終了。
何事もなかったように縫えるようになった。
てなワケ(?)で、朝のネット時間を削って、ようやく2つ作成。
ちょっと大きめに作ったので、これなら高校まで大丈夫そうだけど、「ポケモン」だもんなぁ。
いつまで使ってくれるかな。
でもまぁ、久しぶりに達成感がありましたよ(^^)
 
そういえば、学校内で履く靴を「上靴」と言うのは静岡県特有なんだってね。
こないだ新聞で初めて知ったよ(他所は「上履き」と言うらしい)。
 
ちなみに、まるははその昔、某家電メーカーの修理にいたので↑のような荒技が使えるのです。
皆様は故障したら是非修理屋さんへ(^^)

|

« 夢の島プロジェクト稽古 | トップページ | ごんぎつね »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事