« ミシン | トップページ | 『脱ってみる?』 »

ごんぎつね

9歳7ヶ月

双子の平日の宿題には、よほどのことが無い限り、「本読み」がある。
第三者(多分大人)に聞いてもらってサインをもらわなければいけないので、必然、私が帰宅してからやることになる。
双子はクラスが違うので、毎日同じ所を読むわけではない。
つい最近、2人とも新しい課題になった。
懐かしい「ごんぎつね」だ。
プラスの方が1日早く、読み始めたのだが。
こぎつねの「ごん」が主人公なので、『ごんは、』で始まる文章が多い。
ら、プラス、『ごはんは、』と読み間違う。
あまり言ってもいけないかなと思い(マイナスの場合、多分何度も言うとへそを曲げる)、控えめに「ぶー」とか言って、指摘していたのだが、何度も間違う(^^;)
マイナスが笑い出し、プラスも間違うたびに「あれー、また間違えちゃった」「なんでだ」と大笑い。
せっかくの哀しいお話が台無しだったよ。
「ごんは」がどうも「ごはん」に見えてしまうらしい。
夕方、私が夕食の支度をしながら聞く時間帯だから、お腹が空いてたのかな(^^;)
翌日から、「ごんぎつね」を読み始めたマイナスも、プラスほどの回数ではないにしろ、やっぱり「ごはんは」と読み間違ってた。
どんだけ、お腹空いてるんだよ、君達。

|

« ミシン | トップページ | 『脱ってみる?』 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事