« 広川隆一写真展「チェルノブイリ、福島、そして原発のない未来へ」 | トップページ | 浜名湖アート・クラフトフェア »

台風

9歳6ヶ月

朝5時台には、登校を見合わせる「暴風警報」が出ていたので、学校は休みだなと思っていた。
一応、学校の基準である、7時頃のNHKと、ネットの気象庁のHPで確認。
7:20頃に学校からのメールで「待機」が確定した。
が、会社は休みにはならないので、自分がどうするか迷う。
学校の対処基準では、10時前に警報が解除された場合、お弁当を持って登校ということになっているので、「こっちへ向かっているところだし、解除されることは無いだろう」と思いつつ、午前中は家にいることにした。
10時半頃、学校からメールがあり、警報が解除されないので、休校にすると連絡があった。
双子の去就が決まったので、翌日の朝食に足りないものの補充のため、駐車場に屋根のある店なら大変じゃないだろうと、1人でジャスコへ。
ら、ピロティの駐車スペースは満車、屋外の駐車スペースは所々冠水し、コーンなどが散乱していたので、久しぶりに立体駐車場へ止めた。
帰りの信号待ちで、結構、車が揺さぶられて、ちょっと怖かったよ。
双子とお昼ご飯を食べ、3時頃上陸との予報だったので2人きりにするのは心配だったが、もう有給が少ないので仕方ない。
ビビリのマイナスが、「シャッター閉めてって」と言うので、雨戸を全部閉め、「2人だけで大丈夫?」「もしかしたら停電するかもしれないけど」「何かあったら電話してよ(停電だとかけられないかもだけど)」といろいろ言い置いて出かけた。
会社へ着くまでの30分は、やはり車が揺すられたりしてドキドキ。
無事会社の駐車場へ着き、一安心。
が、社屋へ入るまで、たった20mほどなのに、傘が裏返って壊れてしまった。
ほんのちょっとの距離を、ずぶぬれになって自席へ行ったら、「来たんですか」「僕ら帰ろうかどうしようかって言ってたのに」と言われる。
えー、午前中休むってメールしたじゃないですか。
私の部署のある建物は、1階がピロティになっていて、搬入のトラックなどが着くようになっているのだが、強風と雨で大変らしく、1階はバタバタ(シャッターとか閉めたのかな)、2階は揺れるしで大変だった。
気になったので、昼休みが終わった頃、一度自宅へ電話。
マイナスが出て「大丈夫だよー」とのんきそうに答えたので安心する。
が、その30分後、電話が。
何かあったのかと思いきや「母ちゃん今どの辺?」「は?会社だよ」「何だ、なかなか帰ってこないから」「出掛ける時、会社行ってくるよって言ったじゃん」「そうだっけ」とプラスにも負けない天然っぷりを披露してくれました(^^;)
「いつもくらいの時間に帰るけど大丈夫?」と聞いたら「大丈夫」と言うので、仕事続行。
何事もなくて良かったよ。
2時頃、それまで騒がしかった外が静かになり、窓から見たら、木もなびいていない。
うはー、台風の目に入ったんだ。超久しぶりの体験。
その後、台風の目を出た頃かな、「しばらくの間、建物の外に出ないように」との社内アナウンスが流れた。(事務所棟や工場棟など、敷地内に5つ位の建物があるので)
夕方になり、雨がほとんどやんだ頃、またアナウンスが入った。
残業は極力しないこと、公共交通機関が止まっているのでお互い助け合って帰宅すること(従業員任せかよと失笑が漏れた)、停電で信号が消えている場所があるのと○号線と○大橋(全3ヶ所)でトラックが横転して不通になっているところがあるので、気を付けて下さいとのことだった。
ちなみに会社近くの川流域は、避難勧告が出たらしい。うはー。
定時になって帰宅。
雨は降って無いどころか日が差し、風も出勤時より収まってた。
絵に描いたような台風一過だったよ(^^;)
道中、停電で信号が消えているところも無く(トタンが垂れ下がっている所と、木が散乱してる所はあったけど)、我が家も停電にならず、子供達が「シャッターに何かぶつかった音がした」と言ったモノの、特に何事もなくて良かった。
が、他は結構酷かったようで(^^;)
会社の木は何本か傾き、ガラガラと開閉するタイプの門(学校とか駐車場とかに使われてるヤツ)は接合部分が折れたようで、バッタリ倒れてた。
実両親の経営する会社と、同じ敷地内の実妹の家は、14時頃停電したらしい。
屋根のトタン(?)が落ちて、倉庫の窓が割れたと言ってた。
母親は午前中で帰ったので、大したことはなかったらしいが、父親が「仕事が出来ない」と帰った時には、マンションのエレベーターが止まってたらしく(部屋は停電無し)、8階まで外階段を上ったらしい。仕方ないけど危ない。
まるはの会社はビルの上の方なので、大きく揺れた模様。
帰りに心配して義母宅に寄ったらしいけど、義母宅および周辺は停電。(信号も消えてたらしい)
翌日、お昼休みにうわさ話を聞いたら、雨漏りをした家があり、又聞きでは看板が壊れたとか、窓ガラスが割れて室内で傘を差したとか、かなり大変だったみたい。
まるはに言われてよーく見たら、ウチもカーポートの屋根が1枚外れてたよ(カーポートの上に乗ったままだった)。
20年ぶりの浜松台風上陸は、かなり凄かった・・・。

|

« 広川隆一写真展「チェルノブイリ、福島、そして原発のない未来へ」 | トップページ | 浜名湖アート・クラフトフェア »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事