« 参観会 | トップページ | 第2回PTA保健体育委員会 »

水着

9歳3ヶ月

学校から、水着の注文書が配布された。
1年生の時に買ったきりだったので、今年は買い替えようと思っていたのに。
・・・注文するの忘れたorz
仕方ないので、学校御用達のスポーツ用品店に買いに行こうと、双子に「水着ちっちゃくない?」「買いに行く?」と聞いたのだが、2人とも返事は「大丈夫」「あるからいいよ」。
その言葉に甘えた私も私だけど、月曜日の寝る前になって「明日、水泳!」「ボクも!」。
寝る直前に言うのはやめましょう(-_-メ)
タンスから引っ張り出した学校指定の水着は、案の定、見るからに小さい。
プラスがはいてみたら、パツパツ(^^;)
あー、やっぱ、小さいねぇ。
ら、「母ちゃんが注文するの忘れるもんで」。
なにをぅ、注文は忘れたけど、その後3回くらい、買わなくていいか聞いたぞ。
ムッとしたので、軽くキレてみた(大人げない)。
結局、参観会の後、4人で買いに行くことに。
お店に着いて「○○小学校の水着が欲しいんですが」と言うと、2人を見て「何年生ですか?」「4年生です」「前は何cmをはいてました?」「1年生に買ってそれっきりなので・・・」「じゃあ・・・(マイナスを見て)お兄ちゃんはSかな。(プラスを見て)もうちょっと小さい方がいいかな」
相変わらず、ガタイのでかいマイナスを「お兄ちゃん」と呼ばれたのだが、家族全員訂正するのもメンド臭いのでそのまま(^^;)
「試着してみる?」と言って下さったので、「いいですか?」と聞いたら、「ちゃんとしたところは無いんだけどね」と、パーテーション奥の応接セットに案内してくれた。
「パンツの上からはいてね」と言われ、2人で靴を脱いでソファに乗り、ズボンを脱いで水着にはき替えた。
ら、プラスはちょっと余裕があるカンジ、マイナスはちょうどピッタリなカンジ。
お店の方に見て頂いたら、「今はパンツの上からだし、いいんじゃないですかね」。
プラスの余裕が、ちょっと気になったのだが、「脱げることはありませんよ」「ひももついてますし」とのことで、(Sよりちょっと小さめの)SSに決定。
マイナスは(本人が)ピッタリなのが気になり「Mは・・・」と聞いたら、「Mですか。そんなに大きくなくてもいいんじゃないかな。Sは大人もはけるサイズですから」。
ら、奥でデスクワークしてた男性が出てきて「Mかもって言ってるからどんな大きい子かと思ったら。大丈夫大丈夫。Mだと小父さんもはけちゃうぞ」と仰るので(少し恰幅のいい方だったのでウソっぽかったけど・笑)、Sに決めた(^^;)
水着用のゼッケンも買い、これで一安心。
帰宅して、学校からもらった注文書をもう1度見たら、Sの下は150cmだった。
プラスが150cmなんだ。
これなら、注文書のサイズだけで買わずに(試着させてもらえて)却って良かったかも。
マイナスは、大人もはけるサイズだって言うし、これで6年生まで大丈夫だよね、きっと♪

|

« 参観会 | トップページ | 第2回PTA保健体育委員会 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事