« 眼科 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

学校公開日

9歳3ヶ月

土曜日は、小学校の運動会。
の筈が、雨で延期。
その場合、運動会は日曜日になる予定だったのだが、季節外れの台風のおかげで、翌日も雨。
というわけで、土曜日は休校、日曜日は1日学校公開日、月曜日は代休になった。
朝、雨の中を、双子が登校。
ちなみに「暴風警報」が出たら、自宅待機と言われており、マイナスが朝から「(警報)出た?」とうるさかった。
「学校休みたい・・・」と言う理由は、前日私が切った髪のせい(^^;)
本人が思ってたより短かったらしく、ずーっとグズグズ言ってたのだ。
警報も出ないし、「髪の長さくらいで休めないでしょ」となだめて送り出した。
家事をいろいろ片付けて、傘を差して、まるはと学校へ。
3時間目の途中だった。
プラスのクラスを後ろから覗いたら、マイナスがいた。
「あれ?」と思いつつ、全体を見たら、後ろの方にやけに空席が目立つ。
「休んでる子多い!」と思ったら、算数は少人数制でやってるとのこと。
ドアに名簿が貼ってあり、誰がどこの教室で授業を受けているかが書かれていた。
なーんだ、びっくり。
プラスはマイナスのクラスで、マイナスの担任K先生に教わってたよ。
授業内容は両クラスとも、折れ線グラフ。
1日の気温の変化を表した物で、それから何が読みとれるかをやってた。
いつものことだけど、先生によって進め方が違って面白い。
プラスのグループを教えていたマイナスの担任(紛らわしいな)K先生は、結構厳しいようで、ボンヤリしてたと思われるプラスが、後ろから小突かれてたよ(^^;)
4時間目は2クラスとも理科。
自分のクラスに戻って、自分の担任の先生に教わる。
またもや、折れ線グラフだった。
算数と連動してると分かりやすい、ってことなのかな(^^;)
マイナスのクラスは、教科書に沿って、温度変化の理由等を考え、プラスのクラスは、表を折れ線グラフにしていた。
一通り、書き方を教えた後、「じゃあ、この日のグラフを作ってください」と黒板に貼られた紙に書いてある表を、グラフにするよう、先生が指示。
「出来た子は持ってきてね」と、先生は自分の机へ。
早い子が先生に○をつけてもらい、「じゃ、新しい紙持ってって、その上の日もグラフにしてください」。
出来た子がずらりと列を作り、2つ目も出来て並ぶ子がいる中で、プラスは一度も席を立たず。
えー、折れ線グラフの描き方分かんないの?
隣の席の子が教えてくれたようだが、それでも一向に出来た気配がない。
先生は、並んでいる子の答案を見ているので、出来ない子のフォローには回れず。
というか、出来ない子がいると思ってないのかな。
結局、授業終了時間が来てしまった。
給食時間になり、今日はみんな持参弁当。
好きな子と食べていいと言われたようで、プラスは2人で、マイナスは5人くらいで食べていた。
廊下から2人を見ていたら、2年生の時に一緒に図書室ボランティアをやった、M崎さんに声をかけられ、いろいろとお喋り。
今までM崎さんの娘ちゃんとは、プラスもマイナスも同じクラスになったことが無く、今年初めて、マイナスと同じクラスになったのだ。
娘のAちゃんに「マイナス君のお母さん」と紹介してくれた。
Aちゃんも、2人と同じ球技部で頑張ってるらしい。
「なんか、帰ってくるとへとへとなの」と言っていたが、M崎さんも子供の頃はバスケット部でしごかれたらしいので、厳しい部活は抵抗が無いらしい。
給食時間が終わる頃、M崎さんは用事があるからと帰り。
私たちは、帰りの会まで見ていくことにした(その後、昼休みと5時間目があるんだけど先に会をやるらしい)。
どちらも当番が前に出て司会をし、先生の話の前に「当番の話」をした。
3年生の時に、プラスがしょっちゅう先生に「考えて来てなくて、発表できませんでした」と言われてたヤツだな(^^;)
マイナスのクラスは、最近見たテレビ番組、プラスのクラスは自分の名前の由来を話したとのこと。
そういえば、テーマは決められてるんだっけ。
そして最後に先生のお話。
私はマイナスのクラスにいたのだが、やはりK先生は厳しい先生のようで。
話しながら「手」とか「こっちに集中して」とか、そんなに話がブツ切れで、子供に内容が伝わるのか?と思うほど、注意する(^^;)
K先生は、痩せていて頬もこけているので、余計に神経質に見えるんだろうけど、まぁ、理不尽でなければいいや。
お腹が空いたので、まるはと雨の中帰った。
ちなみに、台風が段々近づいてくる状況だったので、子供達は傘を差していたのに、びっしょり濡れて帰ってきたよ(^^;)
帰宅後プラスに「折れ線グラフの描き方分かんないの?」と聞いたら、「だって見えなかったんだもん」なるほど。
紙に小さい字で書いたのを黒板に貼っていたので(チョークで書いたならある程度の大きさ以下には書けない)、プラスの席からは見えなかったらしい。
「そういう時は先生に言うか、みんな採点してもらいに席を離れてるんだから、前に行って見ればいいんだよ」と言っておいた。
そっかぁ、眼鏡、考えなきゃいけないのかなぁ・・・。

|

« 眼科 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事