« 地震-小学校 | トップページ | 地震-静岡県東部 »

歯磨き指導

9歳0ヶ月

プラス、2度目の歯医者へ。
プラスが診察室に入った後、しばらくしたら歯科衛生士さんに「今日はこの後、お出かけとか、用事ありますか?」と聞かれる。
何のことだろうと思ったら、歯磨きチェックの、赤いテスターを使っていいかということらしい。
「いいですよ」と答えてしばらくしたら、今度は、診察室に呼ばれた。
歯科衛生士さんに「ちょっとここに立ってください」と診察台の横に立たされる。
歯磨きのチェックポイントを教えて下さるらしい。
「6年生過ぎて、親が見なくなっても、キチンと磨けるように」ということだそうだ。
そういえば以前、先生に「小学校6年生くらいまでは親が見てあげないと」と言われたのだが、仕上磨きしてやりゃいいってことじゃないんだね。
大きくなって、親の手を離れても虫歯が出来ないように、正しい磨き方を身につけさせてあげなきゃいけないんだ。
というわけで、プラスが磨いているのを、歯科衛生士さんがチェック・指導し、私にも正しい磨き方のポイントを教えてくださった。
私が以前、別の歯科衛生士さんに教わったのとは、少し違うところもあったけど(歯並びとかも関係あるのかな)、おおむね私が気をつけていることを言われたので、指導は難しくないと思われる。
「磨いているところ(状況)を見てあげてくださいね」それがなかなか出来ないんだよね(^^;)
待合室へ戻るよう言われたので、待っていたら、治療を終えて出てきた。
「今日は左上の奥歯を治療しました」と言われてビックリ。
他にも虫歯あったんだ(^^;)
今回も麻酔をしたらしい。
ってことは、ちょっと深かったんだね・・・。
そして、次回の予約。
翌週、まるはと同じ時間にしてもらった。
よく考えもせず3回目の受診。
東北地方太平洋沖大地震の翌日だったので、備え付けの全国版の新聞など読んで待った。
ら、すぐ診察室から出てきて。
「今日は右上を治療しました。軽かったので、麻酔無しで詰め物をしただけです」うへぇ、虫歯、まだあったんだ。
「これで治療は終わりです」「ありがとうございました」
虫歯が完治したのは良かったけど、全部乳歯だから良かったけど、仕上磨き、やってるようで効果無いってことだよなぁ(--;)
ごめんね、プラス。
プラスはマイナスに比べて、口をちゃんと開いてくれないので磨きにくいんだけど、そんなこと言ってられない。
臼歯もだんだん生え替わってるし、永久歯は虫歯にしないよう、見てあげなきゃいけないな。

|

« 地震-小学校 | トップページ | 地震-静岡県東部 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事