« 訃報 | トップページ | 地震-小学校 »

地震

会社で仕事中、なんだか床が揺れている気がした。
私が仕事をしている建物は、1階がピロティで(私のいるフロアは2階)、人が歩いただけで揺れるような代物。
また、そういう揺れだと思っていたら、なんだか揺れてる時間が長い。
しかも、横に大きく揺られている気がする。
「揺れてるよね」「地震だよね」ヘルメットを被って、机の下に潜ろうとする人も出始めた。
「外出た方がいいかね」
天井から吊られてる非常口の案内灯や、スタンドに置かれている電話のコードも揺れてた。
しばらく経って、ようやく揺れてる気が収まり、インターネットを開いてみたら、Yahooの表紙(?)に地震情報が。
「震度7って言って(?)ますよ」「うぉー、やっぱ地震だったんだ」「震度7?」
私の机の周りに人垣ができたよ(^^;)
宮城県沖が震源地で、震度7とか6強とかの表示。
震度7って、見たことない数値な気がする。
東京23区も震度5強とあり、「オレ、実家23区だよ」という人が、連絡を取ろうとし始めたけど「つながらない・・・姉貴も連絡取れない」と青い顔になってた。
会社にかかってくる電話もぱったり少なくなり、フロア中が静かになった。
しばらくして、ウチのグループリーダーが「もしもし?もしもし?あ、つながった」と話してたのが、東日本営業所だったらしい。
どこにあるのかよく知らないんだけど、壁が崩落して立入禁止になったと言ってたらしい。
ちなみに、会社のある浜松市中区は震度3だった。
 
帰宅時、車中のラジオは、ずっと県内の地震情報。
県東部から順に情報を読み上げていたのだが、東北の地震が県西部の海岸にまで影響を及ぼして、避難勧告が出るとは驚いた。
海に近い地域のバスはもう運休してるらしく、ちょっと「避難したいのに車等の足がない人はどうするんだろう」と思ってしまったよ。
 
実姉の旦那の実家が仙台市で、上の実妹Kの旦那の実家が水戸市なので、心配していた。
ら、どちらも無事が確認できたとのことで一安心。
義弟は、東京の電車が動き始めた時点で、災害用トイレや補修用工具を持って(建築業なので)水戸に向かったらしい。
ネッ友の、うっちゃん(茨城)、リコちん(栃木)、まみぃちゃん(福島)の無事も確認できて良かった良かった。
東京の友人とも電話連絡が取れ、地震の翌日、無事自宅に帰れたと言ってた。
 
帰宅してから今まで、地上波はずーっと報道番組。
子供達がつまらなそうなので、たまにスカパーでアニメを見たりしてるけど、でもこの映像は、子供達も見ておかなくてはいけないと思う。
津波が押し寄せてくる瞬間や、車や家が流されている映像、現実に起こっている出来事とは信じられない。
原発が爆発したのは、大ショックだった。
かつて反原発の本を、私に貸してくれた東京の友人と「恐ろしい」と言い合った。
ヨウ素を準備したというのもショックだったし、被爆者が出たのにも愕然とした。
原発に限らず、いろいろな物を、今までの地震に耐えられる強度と言って作っているけど、今回の地震は、あっさり阪神淡路大震災の180倍なのだから、壊れたら困る物は作っちゃいけないと思うんだけどな(--;)
東海地震が起きた時、浜岡原発がどうなるか、考えるだけで恐ろしい・・・。
 
この地震での犠牲者数は万人単位と報道された。
本当に、未曾有の災害なのだと改めて実感した。
そらそうだよね、津波で町ごと流されたりしてるんだもんね。
浜松の生活は、普段と全く変わらないのだけれど、テレビを見ていると、とてもそんな平和に浸れないような気がする。
(とりあえずスーパーで募金した)
この災害で亡くなられた方々のご冥福を、心よりお祈りします。
無事だった方々の生活が、一刻も早く元に戻るよう、心よりお祈りします。
行方不明の方が、1人でも多く救助されますように、心よりお祈りします。
被災者の方々も、救援隊の皆さんも頑張れ~!

|

« 訃報 | トップページ | 地震-小学校 »

私日記」カテゴリの記事