« 歯医者 | トップページ | 旧友 »

デビュー

9歳0ヶ月

マイナス君、今年、花粉症デビュー。
嬉しくない・・・って、多分本人が一番大変なんだろうけど。
2、3週間前くらいから、学童にお迎えに行くと、目が真っ赤で「かゆい~」と言っていることがあった。
痒くて、こするので、目の周りも赤く腫れて痛々しい。
熱はないけど、くしゃみが頻繁に出て、洟もちょっと。
学童の先生とも「花粉症かもね」と言っていたのだが・・・。
今年初めて出た症状なので、一応専門家に診てもらおうと、会社の女子から情報を仕入れて、アレルギー科も併設している第2かかりつけの小児科へ。
「どうしました?」と言われ、「目が痒いみたいでくしゃみも出ます」と説明。
「咳は?」「咳は、出ませんねぇ」「鼻水は?」「あー、ちょっと出ます」「熱は?」「熱はありません」。
「花粉症だろうね」と言いつつ、「親は?」「父親が軽い花粉症です」「お母さんは?」「私はありません」「上に男の子がいるんだね」「双子の兄がいます」
カルテを見たら「次男」と書いてあった。
「お兄ちゃんは症状無いの?」「はい、ありません」
マイナスの目をアッカンベさせて下まぶたの裏を見た後、聴診器を耳にセット。
看護師さんがマイナスの服をまくろうとしたところで、先生が「まぁ、風邪ってことはないか」。
ガハハと豪快に笑って、診察終了。
目薬と飲み薬を処方して下さった。
飲み薬は、アレルギー反応を抑える薬で、じんましんの時、皮膚科でもらったのと同じ物だった。
マイナス君、アレルギー系が弱い(?)のかな。
帰って早速、目薬を点眼。
「もう痒くない」と言う。
速効で効くんだ、良かったね(^^)
それにしても、これから毎年こんななんだね。
まだ子供なのに先が長いわ・・・。
私は未だに花粉症になってないので、苦しさは分からないんだけど、いつかもっと軽く済む治療法が出るといいねぇ。

|

« 歯医者 | トップページ | 旧友 »

双子9歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事