« 『ジュラ紀の地球展』 at 静岡科学館る・く・る | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

『箱舟』観劇

静岡市民文化会館は、以前まるはと「ミザリー」を観に行ったこともあるし、駿府城の方へ行ったら簡単に分かるだろうと思ってたら、すぐには分からなかった。ビックリ。
看板とか、表示が少なくないか?
お堀の外をグルッと1周しちゃったよ(--;)
待ち合わせの時間を過ぎて、ようやく到着。
会場をちゃんと確認しておかなかったので、なべちゃんに電話したら、観劇ツアーグループは、ちょうど地下の駐車場に着いたところらしかった。
場所を聞いて、B展示室のある4階へ。
上がったらすぐに、スタッフの方から声をかけられる。
「待ち合わせしてるので」と、エレベーターの前で待った。
ほどなく、エレベーターから見知った顔が降りてきた。
なべちゃん、娘のHちゃん、へろさん、T兵ちゃん、Gassyさんだ。
お久しぶりのGassyさんと、「あけましておめでとうございます」と挨拶しちゃったよ(^^;)
まずは、取り置いて頂いたチケットを受け取りに、C展示室へ。
今回参加の6劇団のコーナーがあり、伽藍博物堂さんのブースで、白花さんから受け取った。
そのまま全体受付で、伽藍さんの公演の入場整理券をもらう。
それから開場時間まで、C展示室でうろうろした。
全体受付の横にカフェカウンターがあり、飲み物や軽いお菓子(クッキー等)が買え(2公演観るごとにドリンク1杯無料でした!)、展示室内のテーブルで食べることが出来る。
舞台上では何もやっていなかったが、効果音を作る楽器が置いてあったり、隅っこの方には戯曲と思われる本のスペースがあったり、ワークショップで作ったという、舞台装置の模型が展示されていたりした。
テーブルを始め、舞台も段ボールが多用されていたのだが、「落書きオーケー」とのことで、クレヨンなんかも用意されてて驚いた。
早速Hちゃんが、腕を振るってたよ(^^)
そんなC展示室の様子に、なべちゃんがしきりに感心してた。
浜松でもこんなイベントが出来ると楽しそうだよね(^^)
開演15分前になり、入場のアナウンスが。
前の劇団の公演を観た人優先で、その後は整理券の番号順に入れてくれた。
私の番号は69。
もらった時は気にしなかったけど、てかT兵ちゃんに言われて初めて気付いたけど、結構な数だよね。
座れるのか?と心配してたら、やはり椅子席はもう少なかった。
なべちゃんとHちゃんは、桟敷席の最前列、Gassyさんとへろさんが桟敷席の後ろの方、T兵ちゃんと私は椅子席に座った。
こんな広いところで伽藍さんのお芝居観るのは初めて。
わくわくしながら開演を待った。
感想はHPに書きます。
約70分の公演が終わって外に出て、まずはアンケートを書き、次にまるはに電話。
マイナスが出て、今、駅から文化会館に向かっているところだと教えてくれた。
とはいえ、すぐ帰るのも勿体ないので、C展示室に入ったりなんだりしながら、芝居の余韻に浸る。
廊下で、伽藍座長の佐藤さんと、お話させてもらいました(^^)
Gassyさんが、佐藤さんの戯曲集を買って、今回の出演者の皆さんにサインをもらってた。
その手があったかーと思ったわ(^^)
佐藤さんが、他のお知り合いの方々の方へ動いたのを潮に、辞することに。
伽藍博物堂さんの方々(今回出演されなかった方含む)が集まってらしたので、ご挨拶して、「12月に多分お観せ出来ると思いまーす」と告知して、開場を後にした。
エレベーターで下まで降り、「ホントはもっと話したいんですけどねー」とへろさんとGassyさんと分かれを惜しんで、車へ。
はぁ、楽しかった(^^)
ちなみに我が家の3人は、エスパルスドリームプラザへ、新しくなったまるこちゃんランドを観に行ってました。
まるはが、展示物はあんまり変わってなかった(スペースは広くなってたらしい)、と言ってたけど、双子はクイズに挑戦し、お土産も買ってもらって楽しかった様子(^^)
ちょっと無理させちゃったかなと思ったけど、楽しかったなら良かったかな。
雨だったけど、盛り沢山で楽しい1日でした♪

|

« 『ジュラ紀の地球展』 at 静岡科学館る・く・る | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

私日記」カテゴリの記事

芝居」カテゴリの記事