« 大?掃除? | トップページ | 仕事始め »

書き初め

8歳10ヶ月

年が明けて4日に、双子、宿題の書き初め。
3年生から習字の授業が始まり、今年が初めての書き初めの宿題だ。
書く文字は「かるた会」。
一応、何回か授業で練習したらしい。
書き初め用の下敷きを敷き、硯と筆を用意して、さあ始めようという時になって、プラスのお手本が無い(--;)
お手本は左に置かないと書きにくいので、マイナスが終わってから借りることにした。
こういう時は「双子で良かった」と(母が)思うね。
2人とも保育園の年長さんの時に、園で習字を教えて頂いた経験があるので、母がそんなにあーだこーだ言わなくても、それっぽく書ける。
マイナスは絵と同様、ササッと3、4枚書き、その中の1枚を「これにする」と選んで終了。
細筆で名前を書いて、プラスと交代した。
プラスは慎重に、かつ先生に言われたことを思い出しながら書くので、形はいいのだが字が大きくなってしまい、最後まで入らず。
何枚かそういう状態になってしまったので、アドバイスをちょっと。
実は私は4歳から小6まで、お習字の塾に行ってた経験があるのだ(あまり身になってないとは言われるけど)。
プラスは筆を寝かせてしまうので、太くなってしまうことを指摘。
筆を立てて書くよう、いらない紙に見本を見せながら教えた。
再度チャレンジしようと、墨汁を足そうとするプラスに、「プチッと跳ねることがあるから、紙を用意する前に」と言いながら私が継ぎ足すことに。
ら、思いっきり泡がはじけ、隣で乾かしていた、マイナスの書き初めにいっぱい跳ねてしまった・・・orz
ごめんよう・・・泣
とりあえず、避難させたが時既に遅く。
マイナスは「書き直さない!」と言ったモノの、気にしている様子なので、なだめてもう1度書かせることにした。
プラスには、隣で「筆は斜めに入れる」「シュッと抜いて」等、わーわー言ったのが功を奏したのか、なかなかの出来映え。
名前をちょっと失敗した物の、無事書き終えた。
そして、書き直しのマイナスに交代。
マイナスはいろいろ言うとイヤになってしまう子供なので、あまり言わなかったのだが、私がプラスに言っているのを聞いていたようで、始めに書いたのより上手に書けた。
はぁ、良かったね(^^)
 
ちなみに、年末に妹Kと書き初めの話をした時に、筆の話になり。
お習字の塾に通う姪M(現在中1)は、学校で書き初めが始まる時に、筆を「塾で買って欲しい」と言ったらしい。
「書きにくいから」というのが理由らしいが、学校で買った物も、一応\2000位するので、半信半疑だった。
今回、プラスの見本に書いてみてビックリ。
ホントに書きにくかったよ(^^;)
教材だから、あんまり高価な物でも各家庭に負担になるとは思うけど、それにしても・・・。
ちなみに、私が子供の頃使っていたのは、習字の塾で購入した物。
記憶だと、こんなに書きにくかった覚えは無い。
筆が硬いというか、思い通りに動かすのが大変だった。
普通の太筆は試してないけど、筆によってそんなに違うんだと、ちょっと驚いたのでした。

|

« 大?掃除? | トップページ | 仕事始め »

双子8歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大?掃除? | トップページ | 仕事始め »