« 『煙が目にしみる』観劇 | トップページ | 電気温水器 »

参観会

8歳8ヶ月

参観会だった。
10月から、2学年ずつ行い、今日が3・4年生の日。
会社を午後半休して、まるはと徒歩で学校へ。
ら、学校へ着く頃、凄い風で運動場の土が舞い上がり、口の中がジャリジャリになった。ビックリ。
今回3年生は、全クラスとも「道徳」。
内容は違ったんだけどね。
始めに、まるはがマイナスのクラス、私がプラスのクラスへ。
授業内容は「ふろしき」。
始めに教科書を読み、国語のように「○○さんはどう思ったのですか?」等の、先生からの質問に、挙手で答える。
プラスは、何度か手を挙げていたのだが、指されず。
そのうち、教科書の別の話を読み始めたようで、先生の話をあまり聞いてない様子になった。
私の子どもの頃、そっくりだ(^^;)
そして、持参したふろしきで実際に包んでみましょうということになり。
教科書にあったように、重箱、ビン、スイカ代わりのボールを包むことになった。
先生が出したビンが、全てお酒だったのに、保護者から笑いが漏れてたよ(^^;)
その頃、ちょうど授業時間半分になったので、マイナスのクラスへ。
ら、机を四角く並べて授業をしていた。
こちらは自動製茶機を発明した人の話だった。
「途中で諦めてしまったこと・最後まで頑張ったこと」などを発表していた。
ちょうど空いていた場所からは、マイナスがほとんど見えなかったのだが、全然やる気なさそうで、ちょっとヤキモキ。
国語とか好きじゃなさそうだもんなぁ・・・。仕方ないのかな(--;)
授業が終わったので、双子に学童で宿題をして待っているように伝え、懇談会へ。
前回、私がマイナスのクラスに出たので、今回はプラスのクラスへ。
1人ずつ自己紹介(○○の母です)した後、話し合い。
議題は「お友達との関わり方」と「勉強の仕方」だった。
「お友達-」の方は、中学年になってくると、なかなか難しいこともあるということで、先生からのお話を聞く形になった。
「勉強-」の方は、近くの人とグループを作ってそれぞれ話すことに。
が、一緒のグループになったお母さんに、とにかく話したい方が2人ほどいて・・・。
誰かがちょっと話すと「ウチは-」と始めるので、その方々のお家の事情はよく分かったけど、話を聞けない方も出ちゃったよ・・・(--;)
ちょうど、学童に預けてるお母さんと隣になったのだが、「普通のウチとは事情が違う」と思ってるのか、私達はほとんど発言しなかった(^^;)
グループ討議だと、進行役が無くなっちゃからしょうがないんだろうけど・・・。
それにしても、「このクラスは宿題が少ない」と仰るのに、「いえ、○組(マイナスのクラス)の方が少ないですよ」と言ったところ、「えー!でも、このクラス少ないですよ!○組(更に別のクラス)の方が多いです!」って、どうよ(--;)
プラスのクラスがマイナスのクラスに比べて宿題が多いって言ってんのに、否定されるって・・・。
3年生になってから今まで、毎日宿題の量を見てるんだけどねぇ。
でもって、マイナスのクラスの先生は、今年初めて担任を持った先生だから、誰も、過去どうだったか知らない筈なんだけどねぇ。
苦手だなぁ、こういう人・・・。
そんなカンジでなんとなくモヤモヤしたまま、懇談会終了。
はあぁ、疲れた。
懇談会って、先生の話を聞くだけの方がいいや。と思った日でした。

|

« 『煙が目にしみる』観劇 | トップページ | 電気温水器 »

双子8歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『煙が目にしみる』観劇 | トップページ | 電気温水器 »