« 『チャレンジ・ホビー』 | トップページ | 盛り沢山-町内体育大会 »

大迷惑(長文です)

8歳7ヶ月

双子を預けている、学童保育の駐車場事情は。
預かってくれる建物は、学校の敷地内にあるのだが、校内に車で乗り入れるのは危険なこともあるので、近くにある駐車場に停めて、お迎えに行くのを推奨されている。
(去年からこの制度が始まったので、去年いなかった2人目預けのお家や、小さい弟妹のいるお家など実行してない方が多い)
この駐車場は徒歩2分くらいの距離にあり、同じ建物内の「なかよし館」、駐車場近くのモデルハウス、駐車場横に建設中の公民館の工事車両が共有で使っている。
舗装はされておらず、周りは工事用の馬&ロープで仕切られていて、出入り口は、18時にプラスチック製のチェーンで施錠されることになっている。
後日、先生に聞いたところ「なかよし館を除く3つの団体の、最後の使用者が施錠する約束になっている」らしい。
私は17:30に終業なので、お迎えに行くのがいつも18時ぎりぎりで、このところ、たどり着いた時には施錠済みということが何度かあった。
 
ここまでが前置き。
 
18時ちょっと前に駐車場に着き、車を停めて徒歩でお迎え。
3人で戻ってきたら、出入り口にチェーンがかけられていた。
「なんで駐車してるのに閉めるかなぁ」と憤慨。
チェーンが外れないかと、掛けてある杭を見るが、ダイヤル式のカバン錠で留められていた。
むー。
駐車場の周りを見ると、出入り口の両側は法面になっているが柵はない。
歩道側も1ヶ所開いていたが、歩道の先は街路樹&植え込みと車の進入が出来ないように小さい柱が立っていて、ここから出るのは無理っぽい。
出入り口横の法面から、出ることにした。
結構、急な下り坂だったので、慎重に出ようとしたのが災いしたのか。
Uターンするような動きになったので、法面頂上への入射角も悪かったんだけどね。
前輪が下がり始めた時、ザザッと擦れる音がして、前にも後ろにも動かなくなってしまった(--;)
うわぁ、しまった。
サーッと血の気の引く心地がした。
とりあえず双子に「先生呼んできて」と頼む。
マイナスが「ボク呼んでくる」と、走っていった。
すぐにH野先生が来てくれ、ダイヤル錠を外そうとしてくれたのだが、車のお腹がハマってるので、そこをあけてもらっても、とりあえずどうにもならないことを伝える。
「JAFとか入ってませんか?」と仰るが、残念ながら我が家は未加入。
とりあえず、私はまるはに電話をかけ、H野先生はまだ残っている先生達(責任者の先生含む)に連絡してくださった。
「主人が来てくれるって言ったので、先生、帰って下さって大丈夫ですよ」と言ったところ、「Y先生も来るって言ってたので」と、お互い待つことになった。
ほどなく、Y先生とT先生、H先生がおいでになり。
状況を確認した後、早速責任者のY先生が、どこかに電話をかけ始めた。
どうやら、施錠したことについて抗議している模様。
こういう時、毅然とした態度が取れないと責任者なんて出来ないだろうけど、対応が素早い。
凄いなぁ。
他の先生方が、「押してみましょうか?」と後ろから押してくださることになったので、私が運転席に座ってアクセルを踏むも、やっぱり動かない。
なんだか焦げくさい臭いがしたので、一時中断する。
わいわいと騒いでいたら、通りすがりの男性がスーッと寄ってきて、手伝ってくださることに。
子供はどいていた方がいいと、T先生が「先生の車でテレビ見てな」と車に乗せて下さった。
が、すぐにプラスが「おトイレ行きたい」と言い出したので、そのまま近所のスーパーへ連れて行って下さった。
男性が「FFかぁ」「前から押してバックの方がいいんじゃないかな」等と言いながら、先生と今度は前から押して下さったのだが、やっぱり動かず。
タイヤの辺りから、煙が昇った。
すると、自転車で通りかかった男性が「どうしました?」と声をかけて下さり、手伝って下さることになった。
「お時間とか大丈夫ですか?」と先生が聞いたら、あっさり「あ、大丈夫ですよ」。
ああ、親切な方ばかりで心強い。
工事現場から、いらなそうな板を拾ってきて、タイヤの下に挟んでもう一度チャレンジ。
今度はちょっと動いたが、脱出には至らず。
そうこうするウチ、ようやく、まるは到着。
「前の方が重いし、後ろから押した方が早いんじゃないですか」と今度は後ろから全員で押してみた。
ら、脱出成功♪ やっっったあぁぁ!
2人の男性にお礼を言い、お名前を聞き。
先生方が「お電話番号を教えて下さい」と言ってたけど、それは辞退され。
双子をおトイレに連れてってくれたT先生が、おやつにと買ってきた鯛焼きを1つずつ差し上げて、お礼にしてくれた。
拝借した板きれを片づけて、解散。
先生方が「この町も(新興住宅地なのに)捨てたモンじゃないねー」と仰ってた。
ホント、みなさんの親切に助けられました(^^)
お2人とも、迷う様子もなく近づいてきて、当たり前のように手伝って下さって、カッコ良かった♪
子供達にも、ここぞとばかりに「困ってる人がいたら助けてあげるんだよー」と教えちゃったよ(^^)
翌日、先生方にはお礼と謝罪のお菓子を、気持ちだけだけど差し上げた。
先生方も「こちらこそご迷惑掛けてすみませんでしたねー」と謝って下さった。
いやいや、出られると思った私が浅はかでした。
とはいえ、一番悪いのは施錠した奴。
「18時以降は施錠します。翌日朝まで開けません」とは書いてあったけどさ。
意地悪以外の何物でもない。
ま、私がオオゴトにしたお陰で、当分は困る人は減るだろうと自分を慰めておこう。
ちなみに、双子は「こっち(歩道側)から出れば良かったのに(少し走ると車道に出られる切れ目?があった)」「今度、鍵閉まってたら、こっちから出ればいいじゃん」「ボクが先生呼びに行ってあげるね」と、対処する気満々。
いや、もうそんなことが無いことを願うよ(--;)
はぁ、疲れた&恥ずかしかった・・・。

|

« 『チャレンジ・ホビー』 | トップページ | 盛り沢山-町内体育大会 »

双子8歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

コメント

大変だったねぇ… お疲れ様です。
おうちに帰ってドッと疲れが出たんじゃない?? 本当に御疲れ様でした。
先生方も通りすがりの人も、「人情」のあったかさを感じる出来事でもあったのね~。
土地柄なのかな、まだまだ世の中捨てたモンじゃないね♪

それにしても…誰がなんで鍵 締めたんだろーね!
あんまりに杓子定規だ。

投稿: ucchi127 | 2010/10/27 10:18

労いの言葉、ありがとう(^^)
うん、自分の馬鹿さ加減と、皆様への申し訳なさとで、どぉっと疲れました。
そうそう、手伝って下さった方々は勿論、超親切なんだけど、先生方も遅くまでつき合って下さって、それも嬉しかった。
新しい住宅地だから、「親の代から」とか「子供の頃から」住んでる人がいない筈だから、人との関わりってもっと希薄だと思ってたのに。
感謝感謝の日でした(^^)
基本、自分があまり人にお願いできない性格で、それでドツボにハマることも少なくないので、もうちょっと人を頼ってもいいのかなと思わされました。

翌日、先生から、区役所とどこだったかな、3ヶ所くらい「話をしておきました」って言われて、それも申し訳なかったけど。
一緒くらいの時間にお迎えに来た保護者の人が、もう↑の件を知ってて、ちょっとビックリしたよ(^^;)

投稿: こと | 2010/10/28 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『チャレンジ・ホビー』 | トップページ | 盛り沢山-町内体育大会 »