« 本 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

再会in送別会

今年、派遣先の会社で、正社員の希望退職者を募った。
ら、私に仕事をくれる直属の上司が希望を出したとのことで、10月末で辞めることになり。
他にも、組立の方がお1人、定年後、嘱託で続けてらした(今は部署が違うけど以前は営業)方が辞められるとのことで、金曜日が送別会だった。
私の所属部署は、私が派遣される前は、グループ会社の一角に机があり、3年半ほど前に今の事務所に移ってきた。
現在も、組立の一部を↑のグループ会社で行っているため、送別会にはグループ会社の方もおいでになった。
19時開始のところ、5分ほど前にお店に到着。
いつもなら煙草飲みの人とは離れて座るのだが、「○○さん(私)、お世話になったから今日は隣りに」というU田さんの言葉で、煙草飲みの上司の横に座った。
何人か遅れてくる人がおり、19時を20分近く過ぎた。
最後だったかな、グループ会社の設計の人、図面では何度も名前を拝見した人が到着。
「遅かったじゃん」「残業?」等々、みんなに歓迎を受けた後、私に向かって「知ってる人だよね?」。
えー?知ってる人?私?え、O田さんって、あのO田さん?!
うへぇ、久しぶり。
よく考えれば、同じ業界にいるのだから不思議は無いのに、図面に署名を見ていてさえ「珍しい名前じゃないし、別人だよね」と勝手に思いこんでた。
可能性すら考えておらず、言われるまでホントに全く分からなかった(^^;)
が、よくよく見ると鬢の辺りに白髪がある以外はほとんど変わってない。
当然、周りから「なになに?知り合い?」の声が飛び。
「昔、同じ会社だった」「えー、何年前?」「それは俺の口からは・・・」「20年前だね」「えー、20年!?」
いやぁ、ビックリ&衝撃。
当時彼は、私より後に入社し、現場経験はあるのだが図面の描き方を知らないということで、私が教えることになり、いわゆる「年長の後輩」だった。
CAD導入時は一緒に講習に行ったりした仲なのだ。
実は、私と同い年の同僚(男性)の影響で、入社3ヶ月で「お前」呼ばわりされて、あまり気分が良くない思い出があり(^^;)
当時も学歴にこだわってたけど、今回も昔の同僚の話をしたら「あの人○校だったよね」と同じことを言ってて、ちょっと笑っちゃったよ。
しかし、今の知り合いと昔の知り合いが、仲良さそうに飲んでるのって、変な光景だったわ(^^;)
21時過ぎにお開きになり、私は1次会で帰ることに。
店を出た順に解散みたいになっちゃったので、ほとんど挨拶できなかったけど、K野さんお疲れさまでした。ありがとうございました。

|

« 本 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

私日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本 | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »