« 初稽古 | トップページ | 久々 »

警報

14時半頃、会社の警報(火災報知器?)が鳴った。
火の気などは感じられず、特に放送も無いので、私のいるフロアはざわめくだけ。
実は、私の通っていた中学は、当時いわゆる「荒れていた」ので、警報が鳴るのは珍しくなかった。
なんだか昔を思い出しちゃったよ(不謹慎)。
誤作動なのかね、と言ってたら、フロアの庶務の方が「消火器」とか言ってる。
そのうち「屋上で」「ぼやみたい」とか聞こえてきたと思ったら、消防車のサイレンが。
やっぱり火事だったんだ、と再びザワザワしていたら、消火器を持って4階(最上階)に行ったという方が帰って来て、「4階の人たち、避難してるよ」と言う。
どうやら、屋上の喫煙所にあるベンチが燃えたらしいのだが、下の階には何もアナウンスせず、自分たちだけ避難ってずるい(4階には総務も入っている)という声が上がった。
ま、何事もなかったからいいんだけどね。
事情が何となくわかった時点でやっと「火事は鎮火しました。業務に戻ってください。」の放送が。
いや、火事だったのもちゃんと知らないんですけど。
その後、一応点呼をとって、消火活動に参加した人は招集がかかって(消防署の事情聴取を受けたらしい)終了。
翌日も明確な説明は無し。
会社で火事って、なかなかできない経験(といっても何も分かんなかったけど)した気がするけど、でも何か、釈然としないなぁ・・・。
あ、社員には説明されたのかな。派遣社員は蚊帳の外ってことなのかな。
危機管理、これでいいのか・・・?

|

« 初稽古 | トップページ | 久々 »

私日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初稽古 | トップページ | 久々 »