« 読書週間 | トップページ | モザイカルチャー »

お悔やみ

女優の大浦みずきさんが亡くなった。
まだお若いのに、と驚いた。
私はヅカファンではないので、生で拝見したことはないのだが、その昔、ダンス友達でヅカファンのHちゃんに、彼女のダンスのビデオを借りて観たことがある。
NY公演のドキュメントだったと思う。
やはり、この方ありきでこの企画が始まったように、素晴らしい踊りだった。
ボブ・フォッシーの弟子という新進のアメリカ人女性の振付と、私のジャズダンスの先生の師匠である名倉加代子先生の振付で踊ってた。
踊りも素晴らしかったのだが、やはり、お芝居をする団体なだけあって、雰囲気がとても良かったと記憶している。
もちろん大浦さんは、中央を張るのにふさわしいオーラ出まくり。
「アメリカ」の振りは、宝塚そのままに、男役女役に別れて踊ったのだが、大浦さんがとても格好良かったのだ(^^)
「日本」のキツネのソロも素晴らしかった・・・。
あとは、その昔よく読んでいた舞台雑誌ソワレにエッセイを書いてらしたのが思い出される。
はあぁ、なんにしても53歳は若すぎ。
また1人、素晴らしい表現者がいなくなってしまわれたんだなぁ・・・。
ご冥福をお祈りします。

|

« 読書週間 | トップページ | モザイカルチャー »

ダンス」カテゴリの記事

私日記」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書週間 | トップページ | モザイカルチャー »