« ガックリ | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

横浜

7歳6ヶ月

私が行きたかろうと、まるはが横浜行きを計画してくれた。
目的は、勿論『海のエジプト展』。
ついでに、『開国博Y150』も行くことにした。
なんだかんだで、朝7時頃家を出て、初めてETCを使った。
遠足気分の双子は、朝ご飯を食べたばかりなのに、車中でお菓子(--;)
一応、その後寝たけどね。
『エジプト展』は大好評だそうで、時間延長&16時以降入場だともれなく記念品がもらえるとのことなので、迷わず開国博から。
ちょうどタイミングが合わず、蜘蛛のロボットは動いているのを入り口外からしか見られなかったけど。
双子が、思った以上に食いつき、『横浜ものがたり』も『ENEOS未来のエネルギー館』も『未来シアターBATON』も『スーパーハイビジョンシアター』も、親が「さぁ、入ろう」と言う前に勇んで入りに行き&並びに行き、中身も楽しんでた。
『BATON』に並んでいた時くらいしか、なだめなくて良かった(マイナスが人の手を引いて並びに行ったのに途中で「やめる」と言い出したので)のは楽だったよ。
マイナスに『黒船レストラン』に行ってない!と主張されたのは参ったけど(^^;)
ちなみに行くのは行ったけど、メニューが少なくて高かったので、外のマクドナルドで食べたのでした。
会場が幾つもに別れていて、入退場自由なので、こういうことができて便利♪
3ヶ所の有料会場を見たら、ちょうど良い時間になったので、少しひどくなってきた雨の中、『海のエジプト展』の為、パシフィコ横浜へ移動。
16時過ぎてたのに(から?)、凄い人でビックリする。
ウチは開国博とのセット券だったんでそのまま入れたんだけど、入場券を買うのに10分て。
当然中へ入っても混み混みだったので、人の頭の後ろから見える物だけ見て、どんどん進む。
ほぼ一日中歩いたので、サスガにマイナスが「足が痛い」とグズグズ言い出したのもあったけどね(^^;)
石板なんかの大きい物は充分だったけど、指輪みたいな装飾品は間近で見られなかったのがちょっと残念だった。
でも、目玉だと思われる巨像は見られたし、祠堂や古代エジプト時代とは違うスフィンクス・王・王妃像が見られたのも、感慨深かった。
展示品終了後は、発掘体験ゲームや発掘のバーチャル映像を見られ、やっとマイナス復活。
当時の香水も嗅げて、面白かった。
ミュージアムショップで、入場時に大人がもらったフィギュア(子供はマグネット)のガチャガチャ発見。
双子が「欲しい!」「やりたい!」と言うので、「これ買うなら、たねまる(開国博のキャラクター)は無しだよ」と言ったら、あっさり「いいよ」。
1人ずつガチャガチャして、とても嬉しそうだったのは、エジプト好きの親としては嬉しい限り。
でも変な子供だよなぁ(^^;)
その後、かなりの雨の中を、靴をびしょびしょにして開国博の公式ショップへ。
家族や会社へのおみやげ、自分達の記念を買った。
ショップにいる間、物凄い雨で、駐車場まで歩くのが憂鬱になったほど。
なんだかんだ言いつつ、親はストラップ、双子は学校で使える鉛筆を買った(^^)
最後に、もう一度「はじまりの森」を通り会場を後にした。
夕ご飯を食べて帰浜。
帰りの車中で双子は寝たのだが、帰宅したら起きた。
そして、ガチャガチャのフィギュアを組み立てだした(^^;)
完成して大喜び。ようやく布団に入った。
どんな子供だよ。
でも後日、実母に聞いたら、その昔「松菱」(浜松の地元デパート・現在は閉店)にツタンカーメンのマスクが来たことがあり、私達を連れて見に行ったとのこと。
全然覚えてないけど、妹Kもエジプト好きで「王家の紋章」のファンだし、心のどこかに残ってるんだなぁと思った。
双子達も、大人になってもどこかにエジプトが残ってくれればいいなぁ(^^)

|

« ガックリ | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »

双子7歳」カテゴリの記事

子供日記」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガックリ | トップページ | 夢の島プロジェクト稽古 »