« 11/5 観劇教室 | トップページ | 11/13 お楽しみ »

11/9 夢の島プロジェクト稽古

夢の島プロジェクトの稽古日。
今日は、初めての通し稽古だった。
頑張って、いつもより30分早く会場へ(それでも開始時間には間に合ってない・ひどい構成員だよ)。
気合いを入れて、コップやティーポットなどの小道具も持参。
が、肝心のテーブル忘れた(--;)
折角ほぼ完成させた(blogのQRコードも載せたのに)、チラシも印刷するの忘れた(--;)
20時前に役者が揃い、スタッフのなべちゃんとめめちゃんもスタンバイオッケー。
H木君は衣装を身にまとい(すっごくウケる)、たーさんも本番用ではないけどそれっぽい服を着て(可愛い♪)、予定を5分過ぎた20:05分に、めめちゃんの前説から始まった。
実は私、まだ台詞が全部入ってない(ので、終盤は脚本を持たせてもらった^^;)。
ほかのキャストの方々も、私ほどではないにしろ、まだまだ怪しいカンジ。
私の場合、『脚本の自分の台詞を隠して人の台詞を黙読し、自分の台詞を声に出して言う』という覚え方をしているのだが。
耳で聞くと印象が違うのと、相手役の方が私が覚えているキーワードをとばしてしまうと、もう思い出せないのとで、1人で練習するより台詞が出て来なかった(--;)
やっぱり、以前鰻家さんに教えてもらったような、暗記用テープ作った方がいいのかな・・・。
勿論、共演者が詰まったときにフォローなんぞ出来るわけもなく・・・。
『通し』というには、滞りすぎ(プロンプ入りすぎ)だったかも。
とはいえ、小道具が本番用ではないにしろだいぶ揃ってたし、台詞や段取りを忘れても、停めずに続けたのは、お芝居の流れを掴むのにかなり有効だった。
ラスト5分足りなかったのは惜しかったけどね(^^;)
でもこれでやっとお尻に火がついたかな(笑)
比較的練習量の多い前半はそこそこの出来だった(と思う)し、H木君ははじけてて面白かったし。
前回、脚本家の方がいらしたときに出席できなかった私も、芝居に対するテンションが上がった。
さあ、あと3ヶ月、頑張ろう♪

|

« 11/5 観劇教室 | トップページ | 11/13 お楽しみ »

私日記」カテゴリの記事

芝居」カテゴリの記事